2014年07月31日

人間関係という新たな壁に向かって

少しずつですが、昔の友人・同僚などに
連絡をとっています。phone to

メールでですが。メール

思ったですが、なにも連絡とったからと
いってすぐ会うということにはならなくて、
お金の心配もそうしなくていいのかな?
と、逆に気持ちが楽になりました。

お金のことも前より把握できる状態に
なってきたからだと思います。

お金の大切さも分かりかけてきました。

昔は、とんと価値の分からない人でしたが・・。

今日は二人に連絡とり、
一人から返信きました。

LINEだと楽でいいですね〜。

若者の傷つきやすさについて
調べました。

優しさを重視する傾向にあるらしいです。

精神科医の大平健さんは、『やさしさの精神医学』
という本の中で、優しさにを二つに分類しています。
「ホットとウォーム」に区別しています。
ホットは、旧来の優しさで、親世代の優しさです。
それは相手に同情したり、相手と一体感を
持ち心の中に踏み込んでくるものと
説明しています。
ウォームは、相手の気持ちに踏み込んでいかない
よう気を付けながら、滑らかで暖かい関係を
保っていこうとするものと説明しています。

なぜそんなに現代の若者は、
傷つくのが怖いのかと
いうと、昔のように兄弟が多くなく、
一人っ子が多くて、ケンカも少ないし、
親も大事にするから、叱ることも少なくなり
必然的に幼いころに傷つく経験が少ない
ために大人になっても人と深くかかわることを
避けて、傷つかないようにするのだとか・・。

人間関係や恋人関係は複雑化した
現代社会でも、私も必要と感じます。

何かに挑戦したり、人と親密になろうとすると
傷つく恐れが生じます。
それに恐れずに社会を生きることが
素晴らしいのかもしれませんと
参考記事にありました。

私も少しずつですが、人間関係をまた
始めて、新たな壁に向かって
挑戦していきたいと思います。手(グー)

エクササイズ

実家から送ってもらった
ヨガフィットネスボールで
エクササイズ。

おもしろい!

ヨガフィットネスボール.JPG

「ああ、そう感じてるんだ〜」ただそれだけ

昨日友達の家に行き会話していると
気づきがあった。

一つは、「さつきさんも人と
交流するほうが良くなると思う」
という言葉だった。

それから、自分自身が友人に発した
言葉にも気づき。

「ノートに、3つ4つ怒りが起きたときの
対処法書いてるんだよね。こうする、こうする
て、なのに、怒りが出たとき、ば〜と
全てのことを忘れてしまう」と。

でも、基本的思考は確実に変ってきているのだし
自分をもっと認めてあげようと思った。

できていることは褒めてあげて、
そこに愛を持ち、できないことは
できなんだな〜と認めてやる、
そのまま、ありのままを。

そうすることで怒りは消えていくのでは
ないだろうか?
と考えた。

それと、怒りが出たときに、まず
怒りをば〜と出すのではなく、
自分の中で感じてみよう。

それがダメなら、自分の好きな本をすぐさま
読む、とか。

あるいは、昨日は友人の家にいき
話ているうちに怒りが消えていったから
可能なら、友人の力も借りよう。

可能な範囲で、友人などの力を借りて
自分のできるところは自分でしようと
いう考えに変わってきました。

昨日の自分と今日の自分で何が違うのか?
しかしあきらかに違うのを感じる。

自分のとる行動に対して一歩一歩を
愛してあげること、愛おしいと思えること
それがすべてなんだ、との石井裕之さんの言葉
胸に入ります。

それでこそ、目標の実現につながるのだと。

自分を責めている人は、目標も愛せてないのだと。

自分の目標を憎んでいるようでは
(目標が近づいてくる、と石井さんは
表現されますが)、近づいてこないのだと。

自分の行動に対する愛だけが
目標の実現を決定するのだと。

顕在意識は正確な部分、
潜在意識は心なのだから、
心でどう思うかなのだと。

それこそが、実現させる一歩なのだと。

今朝もモチベーションアップのCDを
聴きながらこの文章を書いていますが、
よく入ってきました。

頭が過剰に走り過ぎてると感じたら
「ああ、今過剰に反応してるよ」
と自分に言う。
それだけ。
自分を認めてあげるて、ただそれだけ
なんだと思う。

事実をうがった目で見たり、
ゆがんだ色眼鏡で見たりせず
そのまんま、ありのまんまを受け入れる
ただそれだけなんだと思いました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。