2014年07月01日

人生が思い通りになる★幸せの保証書

この本の背表紙、とっても気に入っちゃいました。
実は、私、今ピンクに、何気にはまってます。うふっ!
ハート。ハート。してるでしょん。

う〜ん。。女子力。

『「結果」は自然に現れる!』佳川奈未(よしかわなみ)著

億万長者の夢.JPG

この方は、所持金9万円から
億万長者になった方です。

その理由が、本書に記載されています。

あなたは成功したいですか?

この問いに「絶対に成功したい」でもなく
「できるなら成功したい」でもなく、
「絶対に成功しなくてはならない!」
状況だったと言います。

家族を苦しめ、不幸にするわけには
絶対にいかない!守らなければならない。
そうして、ある意味、何かの啓示を受けられて
この決意に至られたのだと拝します。

排水の陣ではないですが、
後が無い人ほど、この決意は固いと思います。手(グー)

私も感じるのは、そこに至らしめた
何らかの理由があり、また、
そこから這い上がる、理由も
充分にあった。

だからこそ、立ち上がれたのだと。

そうではないか?

と思います。

ただ、仕事を楽しんで、
「やりたくて仕方ない」くらいになるほどに。

そして、損得勘定抜きで。

まずお金の計算をするのがたいていの
普通の人だと思いますが、
お金の問題を度外視したところに
夢の実現とはあります。

目先の損得で、動いていたのでは
夢など実現したりしません。

そして、自分が望むことを、
おもいっきり楽しんでやることです。

それが夢を実現させる秘訣です。

決意したものに、進むべき道を与えてくださる
何かがあると、私も信じている、一人です。

マインドフルネス瞑想

先日、自動思考について、少しこの
ブログで触れました。

自動思考は、私の中では、
「やっかいな奴」です。

そして、この本書にも出ているとおり、
自動思考について説明するには
厄介、とありました。

やはり!

『なんにもしたくない!』森川那智子(もりかわなちこ)著

なにもしたくない!.JPG

この方、セラピストの方です。

疲れているのに、動いてしまう。

疲れているからこそ、動いく、
、、というようなことが起こります。

その人が、がむしゃらにそれをやる
理由、というものが、ちゃんとあるのですね。

マインドフルネスというのは、
「何もしないでいる状態で浮かんでくるもの」
のような感じです。
また、その行為を言うようです。

つまり、瞑想、ですね。

瞑想とは、何も目をつむって、
正座して・・としなくてもできるのです。

喫茶店で、自分の時間を確保して、
ただ、そこで、ぼ〜とするだけでも
瞑想なんです。

ただ、内面は自分の思いにはせています。

ただ何も考えないようにすればするほど
人というものは、思いが出てくるものです。

それは、ネガティブな思いだったり、
普段、実は自分で自分を否定していたり、
そんなことに気づきます。

そして、何もしないでいる時に出てくる
思いこそが、本当にしたいことなのです。

本当の思いなのです。

すると、その思いが繰り返しだったりして、
いつも、その言葉を思い浮かべているとして、
あるパターンに気づいたりします。

「ああ!私は疲れたときに、サインとして、
「私のどこがまずかったんだろう」という
言葉を自動思考していたのだな、」と。

こんな風に気づいたりします。ひらめき

人はえてして、がんばり過ぎていたりするものです。

それは、自分でも自分が気づかないで
突っ走っていることもあります。

そんなとき、このマインドフルネスを
ぜひ試してみてもらいたいな〜と思います。

実は、自分の中にはもう一人の自分のようなものが
あり、その本当の自分と付き合えると
すごく楽なんですよ〜。

それが本心ですから。

自分の望むことなんです。

だから、その自分に素直になることが
一番自分とうまく付き合っていかれるのです。

嫌な想念の解決方法

意外に早く、問題解決は現れました。

昨日、ブックオフに持っていこうとして、
いや、待てよ。もう一度読んでからにしよう、
と決めて置いていた本を、さきほど起きてから
読んでみました。本

その中に、解決法が書かれてありました。

『努力が結果になるたった一つのルール』
倉成央(くらなりひろし)著

努力が結果になるたった一つのルール.JPG

私の問題は「私が価値が無い」という両親の考えを
取り入れただけ、それを価値がある、という考えに替えていく。
それと、「私は存在してはならない」というインナーメッセージ、
これも替えていく。
それから、「自分は重要な存在であってはならない」この
インナーメッセージも替えていく。

これが課題でした。

さっそく試してみました。

すぐには結果は現れないですが、繰り返し行うことにより
例題では、みるみる元気に変っていっていました。
自信が出てくるようです。

意外に忘れているようで、その場の親や周りからの
刷り込みをされた状況は思い出せるものです。

あの時が原因だったのだ、あの時、私は
相手に何を感じ、何を言いたかったのか?
を思い出せるものです。

それができたなら、充分にその気持ちを感じて、
すぐ、宣言するのです。
「自分は価値がある」と言うように。手(グー)

「それは親の考えです」「お父さんお母さんが
どんな考えを持っていたとしても、私は
重要な存在です」と。

もともと、生まれたときから重要な存在だと
思っていたのです。
そうすると、それが親の考えなのか、
自分の考えなのか、はっきりもします。
元々が、誰の考えなのか、混同してしまった
状態なのですから。

それを否定されたから、そう思えなくなったのですから
それは自分の考えではない、私はこう思っています
と宣言すればまた戻ります。

重要な存在と自分が思っていなければ
「重要な存在じゃない」というメッセージを
受けたとしても、反抗心も何も沸いてはきません。

自分は生まれたときに重要な存在だと思っていたのです。

それが分かっただけでも、救われるというものです。

嫌な想念も、これらの訓練で解消される
ように思います。

とりあえずは、これを近日、続けていきます。

努力の種を蒔いたのに、報われないということは
無いですね。

また、がんばります!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。