2014年08月07日

偽りの罪に敏感な人は本当の罪に鈍感

『行動してみることで人生は開ける』
加藤諦三 著

私のバイブル的本です。本

あまりに読み込み、表紙を無くして
しまいましたが・・。

バイブル.JPG

この中で、親や他人が彼らに
(たとえば自分に)、都合のよい
存在であってくれという期待をかけるとき、
その期待にそむくことはけっして
罪ではあるまい。
それこそが自立することである。
それこそがひとり立ちすると
いうことである。

とありました。

親が自分に充分に、お金があるのに
人に借金までして、生活苦にあえいでいる
息子に、30万円の金を要求する。

そんなことが現実にあるらしい。

だが、しかし、ここで問題なのは
そのお金を借金してまで本当に
用立てようとする息子にもある。

妻子があるにもかかわらず。

自分には妻子を養うことのほうが
夫として大事なことなのに、
それを放棄してまで父親の
言うことを聞く息子。

これは完全に父親に取り込まれている。

そして、本当の罪に鈍感なのである。

偽りの罪に敏感な人は本当の罪には
鈍感なのだ。

本当の罪は、妻子を放り出すことのほうだ。

なのに、偽りの罪に敏感な息子は
父親の言うことを聞いた。

そこまでして、父親に良い子でいたいのだ。

それは親を裏切ることが怖いらしい。
親の期待にそえないことを
親への裏切りと子供は感じるのである。
したがって親の期待にそえないと
罪の意識を持つ。

言い換えれば、むしろそんな期待は
そむく必要があると思う。

でなければ、いつまでも、親に取り込まれた
ままで、自立などできない。

おそらくは反抗期も経験することなく
親のいいなりになって、育ってきた
経緯があるのだろう。

親もそれが子供の有り方だと
思っているのか。

最も子供らしい姿だとでも
思っているのか。

自分の都合のいいように
子供をつかっているだけではないか。

我が家は、お金のことに関しては
こと、親には助けてもらったし、
今でも感謝している。

親の心中は計りしれないが、
自分自身は、いつからか
親を愛している、本当は
愛していたのではないだろうか?
と感じ始めた。

幼いころも、親を恨みながらも
どこかで助けたいという思いがあった。

自分の無力さにも何度も落胆したし。

それは子どもの私より
親のほうが、ずっとずっと何倍も
生活力も力もあって当然なのだが。

今突破口を見つけだそうとしている
最中に自分のことを見ています。

1か月ほど前の自分とも
ずいぶん変ってきたし、
何よりも嫌だと思っていた
悪い想念が、ほとんど気にならない
くらい浮かばなくなった。

というか、それを浮かべている
時間や暇を感じないまでになった。

怒りも、かなりコントロールできている。

少し前までは、些細なことで
苛立っていたのが嘘のようになくなった。

程よいところで、正当な怒りが
出せるようにもなってきた。

今、モチベーションアップのCD
『DYNAMITE MOTIVATION3』を
実家に置いてきてしまった物を
送ってもらっているところだ。

着いたらさっそく聴こう。

楽しみだ。

まずは自分の努力

また明け方、分かれた友人のことについて
考えてしまった。

思い出すは、思い出す・・ときどき・・。

あったこととか・・。

まあ、致し方ないなあ。

しばらくはこうだろう。

依存についての本を読んでいると
ああ、友人も私も互いに依存しあっていたのが
わかる。

そうだったんだあ。

じゃあ、私は依存からは脱したいと
思っているから、別れて正解だったなあ。

物事の本質は、その人が気づいていない
ところにあったりする。

やっているよ〜と言いながら
焦ってるよ〜と言う。

これは、正解な方向へ行ってない証拠。

だが、人がいくら言っても
聞き入れない。

これでは変わりようがない。

聞いてない、
と言っても、何を聞いてないのか
分からないと言う。

一つ一つ身についていない
というのが聞いてないという証こ。

だいたい反発ばかりしていたのでは
聞く耳も持てないだろう。

そこのところの心から変えていかないと。

そういう話になってくるから
根本から話さなくはならなくなる。

しかし本人に聞く気がない。

これでは堂々巡りだ。

なのに聞けばなんとかなると
思っている。

だから問題なのだ。

そうやって周りの人みんなに
そういう態度なのではないか?

だからそんなに沢山の友人が
いるのに一つも解決してないのが
その証拠ではないか?

私は普段、友人と会うこともなく
人に聞くことも、ほとんど無いというのに・・。

しかも、その友人を失ったら
もう近場で会う人は一人もいない。

それでも、こちらの道を選んだ。

それが得策だと思った。

石井裕之さんのCDの中で
「自分にできることをして、
自分にできないことはしない」
という言葉が出てくる。

今回のことも、私のできる限界だと
思った。

だから手を引いた。

友人は困っていたけど
この段になって焦っていると言うのは
今まで私と付き合っている中で
何を学びとしたのか?
たんなるお茶飲み友達としか
思ってなかったのだ。

友人にはことあるごとに
有益な本の紹介、参考になる話
ことあるごとにしてきたというのに。

打てど響かぬ太鼓をたたいていた
ようだったと感じた。

話を聞くということよりも
その裏側にある、その話をする
人の気持ちが分かっていないことが
原因。

相手がどんな気持ちで話しているのかが
分かれば、一つも身につかないいと
いうことはない。

また相手を本当には見ていない。

部屋に入り、一輪の花に気づくほどにも
人を見ていない。

これが心の病の現状であり、
依存の実態です。

今まで話してきて(心の病の人に)
何か身について変わったという人は
一人もいない。

そしてこちらのエネルギーを
奪われるだけ奪われる。

私はまた補給するが、
1時間話しただけで
ソファーに倒れ込むことも
何度もあった。

今は大丈夫だが。

そんなこんなで自分の貯蓄は
ほとんど無い状態。

しかしまた補給していくが。

できるなら、元気な健康な人と
付き合いたいなあ。

得ることが多い。

気づきが多い。

人から奪おうとしている人と
人に与えようとしている人とでは
マイナスとプラスほどに
作用、反作用だ。

奪おうとしている人と
付き合うと、こちらは減るばかりだ。

しかも奪っておいて、
自分の実になっていないのだから
まるで穴の空いたバケツ状態だ。

まずその穴を埋めることを
自分で努力してやってからにして
欲しい。

こちらに聞くのは。

それくらいやらないと
自分の足でなど到底立てない。

人に頼る前に、自分の足りないところ
欠陥を見つめて、自分と対峙して
本気で治療してほしい。

でないと側にいる人は、疲弊するばかりで
相手の実にもなってなかったとなると
愕然とするばかりだ。

でも本人はどうか?
というと自分がそんな周りからみて
そんな存在だという事実を知らない。

そのことも問題だ。

つまり自分が悪いと思っていない。

卑下をする割に悪いと思っていない。

自分は相手から奪っておいて
バケツの穴は空いてるから
そこから漏れていることに
気づかなければならない。

実は世の中にはこういう人が
今蔓延している。

まずは自らが努力してほしい。

こう切に願う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。