2014年10月10日

東芝ウィンドウズ8・1を入手

しばらくパソコンが故障していて更新できませんでした。

今回、東芝ウィンドウズ8・1のパソコンを購入。

主人がヤフーオークションで半額で競り落としてくれました。

ちょっとアップしてみます。

昨日から2回もアップを試みていますができず、
再度トライしてみます。

合理性が生んだ現代の悲劇

image-bd904.jpg
『愛着障害』の本を読み切った。

愛着の問題が、いかに根深く、根源的な、その人の人生を構築しているものであるかが、よく分かった。

虐待、離別、死別、育児放棄、親からの否定、無視、期待、様々な要因ではあるが、一応にして、親との、特に母親との、愛着に幼い頃に失敗したことが原因で、愛着障害となっている。

これは、一言でいって、社会の合理化を計ってきた失敗であり、家族や社会が残した爪痕である。

合理化を計ることは、最も大事な、木の幹をいらない、葉っぱや枝だけで良いと、言っているようなもので、そんなことが、成り立つはずがない。

この社会や家庭が落としていった爪痕は、今後長きに渡り、努力を重ね、人々が絆を取り戻し、修復していく必要がある。

それは、ちょっとやそっとのことではない。

しかし、一人一人がそれを心掛けてやっていくより、他は無いと、著者は、言っています。

あの、いまいましい、3.11の震災の爪痕により、以後書かれた作品だった。

今こそ、新芽を芽吹く、生き直す、チャンスを与えられている、最大の時ではないでしょうか。

国は、戦後最大の国家的危機にひんしています。

ピンチは、最大のチャンス!とは、昔から言われてきた言葉です。

ピンチで、落ちて行くか、それとも、これを最大の好機と取るか、それも又、個人個人の心に問うていかねばならないですね。

自分自身が、この世から、消え去っても、自分の残した爪痕は、未来に残ります。

巡り巡ってやってくるのは、それは、自分を陥れるものか?それとも、未来の自分を救い得るものなのでしょうか?

人生は、巡り巡ってやってきます。

それは、過去より、変わってはいません。

自分を救う種は、自分しか持っていません。

今落とした種は、桃の種でしょうか?栗の種でしょうか?それとも柿の種でしょうか?

それは、誰にも分かりません。

しかし、人は知らねど種は正直。

蒔いた種は、必ず生えます。

蒔かない種は、絶対に生えません。

結果が来たと言うことは、必ず蒔いた種があるということです。

例え暗闇で蒔いた種とて、芽が出てきたものを見れば、何の種を蒔いたかは、あきらかです。

人に、分からなければ何をしてもいい、何を思ってもいいというのとは、違うのです。

結果が来るのは他ならぬ、自分自身にだからです。

結果、苦しむか、幸せになるかは、全ては、過去に蒔いた自分の種蒔きに他ならないからなのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。