2014年11月20日

じゃじゃ馬慣らしの手綱さばき

物事はゆっくりと流れていく、けれど
それで良いと思えるようになった。

だけど、以前のように時間に追われてはいない
時間をむしろ、こちら側が追っているので
早くにものごとが終わりすぎて、それまでが
待ち遠しい感覚によくなる。

時間に追われている人の口癖は
「もうこんな季節、もう○○月」
などと、「もう」という言葉をよく使う。

けれど、私は「もう」という言葉は
一切出ない。

そんな風に感じない。

以前はそんな風に思ったかもしれないが
楽しいことが全般の人生になってからは
その言葉は私の中から消えた。

そして時間を追う楽しい充実した時間となった。

毎日、気分良く、楽しんで生活をしていたら
いつの間にか仕事の話も舞い込んでくるようになってきた。

しかも、焦って決めようとしていたときより
好条件のものばかり。

私の得意なパソコン、文章の分野だ。

パソコンは今でもそんなに得意ではないが、
一つはファッション関係の仕事を昨日依頼された。

不思議なものだ。

金銭的なことで文句を言って簡単に仕事を
手っ取り早く決めようとしていたときは
良い仕事は見つからず、あきらめて
楽しく過ごして、金銭的にも、ぎりぎりだけれど
生活費の範囲内で生活し、少しでもと貯金を
がんばってやり始めた。

しかし、これではやはり毎月赤字でやっていけない
何か無いかな?と探し始めたら
ぽろぽろと好条件の仕事が舞い込んできた。

しかも、以前のように、あくせく苦しい労働を
しいるものではなく趣味の範囲の仕事だ。

得意分野を生かした仕事がしたい、
短時間で、自宅でできる仕事がしたい
というのは常に思い続けていた。

またもや実感することになるが、
思い続ければ本当に実現に近づくのだなと
実感した。

もうあと一歩というところに来ているが
これも主人に相談してみないとわからない。

主人の声はまさに「鶴の一声」
これで決まると言っても過言ではない。

主人がダメと言ったらダメ。

私の人生は、今主人の手中の中にある、
なんて。

その辺も、じゃじゃ馬慣らしの得意な主人の
手綱さばきなのだ(笑)

では、いったん置きま〜すペン

2014年11月13日

時間の投資は5年後10年後の豊かさ

喉の詰まりがあり、吐き出すことをしてみた。

また保健師さんに電話して、話を聞いてもらい
さらに実家の友人にLINEした。

それから、父に教えてもらった吐き出し方法、
ノートに○△□を書く、書いていく方法を行った。

ある人にメールをして、ブログもアウトプットしたかなあ?

モチベーションアップのCDも聴いて。

すると、気が付いた頃にはすっきりしていた。

主人にもそのことを話したが、
主人は、はたして、吐き出してくれるだろうか?

家でも、愚痴も文句も何一つ言わない主人。

家庭には、仕事の問題は一切持ち込まないというのが
主人のポリシーのようだ。

腰や喉には症状は出てきているが・・。

何が方法がいいかな?と奥さんとしては模索中。

昨日は、私はいつもの病院へ。

担当医は、話していると精神安定剤のような
効果があり、気持ちが安定してくる、
とても良い先生だ。

今回は、聞こえてくる悪い言葉について
質問してみた。

励ましの言葉も聞こえてくるが、悪い言葉も聞こえてくる。

それについては、考えすぎないようにとの忠告だった。

私の悪い言葉の聞こえてくるのは
いまだ謎が解けていない。

その後、自宅へ帰って、あれこれしていたら、
また悪い言葉が聞こえてきた。
洗面所にいた時かな?

悪い言葉が聞こえたあと「でも、がんばってね、応援してるよ
と聞こえてきた。

え?と思わず、鏡の中の自分の顔を見た。

聞き返すと、いろいろ答えてくれる私の潜在意識からの
言葉だろうか?

そんな風にとらえている。

あながち悪いわけでもないなと思う。

昨日、図書館で見つけた本には、
時間の質のことが書かれてあり、
今までやってきたことは間違いではなかったなと
後押しをしてくれる内容だった。

貯金なら、定期とか金利がついて増えるが
時間の貯蓄は、どんどん増え続けるわけではないが
いつかは終わりがくるが、それでも5年後、10年後の
豊かさを考えて今自分に投資している人は
その豊かさを今度は人に与えることができる
とあった。

たしかに、お金は与えてあげられないかもしれないが
自分の中に蓄えた知識や、モチベーション力、
笑顔、明るさなら与えてあげられる。

以前にも読んだことのあるような内容だが
改めて読み返してみて、自信になった。手(グー)

これからも自分に投資していこうと思う。

2014年11月11日

(心理面)自分克服・勉強

今日は、『自分セラピー』と、『境界性人格障害』の本を読み
勉強しました。本

セラピーは実際のセラピーを自分に施してみました。
それまで(午前)、喉がつかえていたのが取れました。

友人に電話して話したり、文字を書いたり
いろいろしてのことですが。

経過をメモっておけば、また何かあったときに
対処できるかな、と思いメモっておきました。ペン

境界性人格障害の本も参考になります。

自分は境界性人格障害ではないですが、
似たような症状があります。

両極端な思考は以前はひどかったです。
大分緩和されてきていますが。

まだ二極思考というか、極端に右から左へなど
移る傾向は、まだあり、あるいは、
同じ人物を、極端な変わりようで
白から黒へ判断を移すようなところがまだあり、
善か悪かの二極思考は、この境界性人格障害の
傾向と似ているなと読んでいて思いました。

自分の中に今グレーゾーンを作るよう
努力しているところで、
いろいろな視点から見てみるようにはしています。

友人に言われて10パターンの自分、
「明るい私」「楽しい私」あるいは
「おとなしい私」など、それらの自分から見た
考え方をひねり出してみるとか。

まだあまりやっていないですが、
境界性人格障害にとっても大事なことは
人からのアドバイスを胸に刻んでいくことが
大事だそうで、大切なアドバイスは
忘れないようにメモして、何度も
読み返しています。

けれど、忘れてしまうこともあるのですが・・・。

そんなわけで、今日はこのへんで〜。手(パー)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。