2014年12月11日

開ける道を歩んでいきたい

なんだか夜空を見たくなった。やや欠け月

日中の行動や、あるブログを読んだこと、
あるいは最近の新しい交友関係など
関係したんだろうか?

いつもなら思わない気づきが起こった。ひらめき

ある友人が「制限を決めているのは他でもない
さつきさん自身なんですよ」と言う言葉を思い出した。

そうかもしれないと思った。

ある一定の領域の中で生きようとしていたのかも
しれないと。

それから、自分を責めて許すことができなかったのも
自分自身ではないか?と。

忘れっぽいのは仕方ないとか、言いつつ、
自分を責めていたかもしれない。

あるいは、できないことにたいして、
許せていなかった。

漢字が書けなくても、いいじゃないか、
できないことがあったっていいじゃないか、
と。

でも投げ出しているわけではなく、
ちゃんと辞書で調べているのだから。

今あるがままを受け入れられていないのは
自分自身のことだと思った。

人を受け入れる前に、まず自分を受け入れなければ。

また、自分の範囲を広げていくことに
恐れを抱いていたが、以前とは違うのだし、
また新しい自分で、以前できなかった
失敗したことに挑戦してみてもいいじゃないか、
そんな風に思った。

あるいは、自分の望むこと、願望を
叶えていくことで開けていくことがある気もする。

もし、自分が夢を追わずに、諦めたなら
後々に後悔しはしないか?

それを自分に、もう一度自分に問うてみようと思った。

人にも人生にも波がある。

浮いたり沈んだりするのは、致し方ないことでは
ないか、と思った。

もう一度、自分が、どう思い、どう考え、
志を立てたか、考え直してみたいと思いました。

開ける道を、歩んでいきたい。

明日の希望のために。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。