2015年10月28日

鬱の入り口に入る

鬱の入り口らしい。

ここ4・5か月ほど、感情が鈍麻で
どうもおかしいと感じていた。

昨日、おとといと、買い物へいくのに
数十分、お菓子を眺めるが、
どれも同じに見えて、選べない。

普段から、私は、好きなものが
はっきりしているから、選ぶのは早いのだ。

買い物は早い。

が、最近は、買い物を、ダラダラダラダラする。

家事は、やる気が起きない。

料理も。

今日は、いつも通院している精神科へいった。

先生には「原因は探らないで、やりすごしていたら
さつきさんは、いつの間にか治りますから
と言われ、「そうですかあ」と。

いつも、掘り下げる私に対して
落ち着いて、冷静に判断してくださる
担当医は、たのもしい。

今は、通常の脳の5分の1くらいしか
つかえてないのだそうだ。

簡単な計算が面倒。

頭の中で繰り返しているのは
「めんどくさい」という言葉。

病院から帰宅して、縁側で
だれ〜と横になって、日向ぼっこをしていたら
すごく心地よかったので、そのまま
散歩にも出かけた。

ベンチに腰掛け、風に吹かれていた。

たまには、病気するのもいいかな
くらいのものだから、そうたいして
つらい、というわけでもない。

が、つらいよ〜と、泣いているときもあるが・・。

LINEは、ほとんどしていない。

気遣ってくれる友人からの体調の問い合わせ
くらいだ。

夕方は、また別の友人が「かりん」をもってきて
くれて、香りが良くて、癒された。

頭をなでてくれて、また癒された。

病気するのも悪くはない。。

てへ!

が〜しかし、右背中の痛みは昼間からで
それは気になる。

痛みが増さなければいいが。

人生を動かした「魔法のかたづけ」

今しがた、二階の自室をかたづけました。
10分ほど。

多くすると、続かないので。

かたづけながら、この部屋には
自分の軽薄さが、あふれていると思いました。

手紙はほおりっぱなし、写真も、
なにもかも。

これで誠実だとか、重みのある人間だとか
よく思っていたなと、自分のことながら
あきれました。

気づかないものだなあ、と思うと
ほんとうおかしくなります。

以前にも、似たようなことがありました。

あるとき、気づいた。

自分の本当の姿を、皮がめくれるように
知らされていきます。

私は、昔から物を大切にしないので
物から嫌われていて、よく物を無くしました。

児童館で働いていたときも、
子供たちの前で話すことがありましたが、
物、について話たことがあります。

「物を大切にしないと物から嫌われますよ」
「物を無くしますよ」
と話ておきながら、一番できてなかったのは
自分自身でした。

頭では分かっていたのか?
かたづけの本も、今まで数十冊となく
読み込んできた。

でも、どうしても実行となるとむつかしい。

いつも、やりかけて途中で断念していた。

が、あるとき、近藤まりえさんの
魔法のかたづけのやり方を知り、
目からうろこで、「かたづけは祭り」
「一生に一度」という言葉に
躍動を覚え、はじめたら一気に
洋服、本、まではできた。

それから止まってしまった。

書類で、止まってしまった。

どうしても、書類が捨てられない。

そのまま放置した。

で、月日が流れた。

一年くらい放置しただろうか?

そのままの状態で、すでに4年目に入ろうとしている。

が、今年こそ、祭りのかたづけを終わらせたい。

本気で思うようになった。

それも、友人に言われて、
「自分も今かたづいてないけれど
かたづけは大事だと思う」
という言葉だった。

拍車がかかった。

人生を、このままで終わらせたくないと
思いはじめた。

自分の人生が終わるとき、
悔いを残したくない。

ほんとうに、やりきったと思える人生にしたい。

たかが、かたづけだけど
数十年におよび苦悩した自分にとっては
人生をも動かしたかたづけだ。

なんとしても、やり遂げたい

「謎・謎」だらけの自分

いつもながらにソファーで寝ている。

そろそろ布団で寝ないと、風邪をひきだす
季節だ。

寝返りも打ててないから良くないし。

枕も、クッションだし。

昨日は、本棚の本を読んでいて、
枕が眠りのさまたげになっている
とあり、そうなのか、と思った。

なんか思い当たるふしある・・。

今度、マットレスで、即席枕を
作って調節してみよう。

あとは、過去の心の古傷を自己治療する
方法を知り実践中。

それから一分間勉強法を学び中。

自分が物忘れが激しいことは
特別で、人はそんなことないと
思っていた。

が、友人も、そうなのかなあ?
と少し思うことがあった。

が、私ほどではないだろうと思っている。

そう。対策を立てて努力していると言っていたし。

私は努力が足りないのか・・。

泣きたくなるなあ・・。

でも、ここ数日のできごとで
かなり衝撃を受けていて、
良い面も出てきているし、
でも、自分の悪い面が知らされて
それも、実は良いことだったと思えた。

「良い子ちゃん」をずっとしてきた自分が
実は不誠実な軽薄な人間だったということを
友人とのやりとりで知らされた。

それはもう長い年月同じことを言われ続け
それでもできない自分を知り、
きっと私は軽薄な人なんだろうと思ったこと。

自分の良いところだけ好きなのは
自惚れだから、悪い部分を知ることは
良いことだと思う。

しかし、自分が軽薄な人間ということは
新しい視点で、まったく気づかなかった部分だった
だけに、驚きだ。

自分は重みのある人間だとでも
思っていたのだろうか?
たいした自惚れやだなあ。

ただ、深刻だっただけなのじゃないだろうか?

それを重みのある人間と勘違いしていたのでは?

けっこう、勘違い人間だし。

まだまだ勘違いしている部分があるかもしれない。

どうしてこう自分という人間は
ややこしいのだろう?
人はこんなことは無いのではないだろうか?
と思うものだ。

そんなことは無いのかなあ?

まだまだ謎のある自分とこれからも
向き合っていこう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。