2015年10月19日

言葉の想像性・発達しょうがい

主人に、ほぼ、一週間に一回は
手紙を書いて出している。

薬を送る際に、添えているものだが。

漢方薬を主人に送っている。

その手紙に、掃除、片づけについて
私の苦手なのにやれと言うこと、
今まで努力してきた結果のこと、
目に見えるしょうがいは、
回りも気遣うのに、脳のしょうがいは
見えないなら、知らなくてもいいと
いうことですか?
と文章を送ると、週末、主人が
だまって、掃除かたづけをしてくれるようになった。

私も、しているが、何分、掃除、かたづけには
気付きが起きず、主人の何十分の一も
できない。

だいたいは、気づいているが、
父も、母もかたづけられない人で、
その気づく範囲の狭さ、
狭く深い、ことが特徴に挙げられると思う。

人より、気づく範囲が狭く、
縦に、そこを深く掘り下げていくのだ。

だから、ほかのことは見えないくらいに
その得意なことをやりだしたら
それしかしない。

なんで、これが(普通のことが)
できないのだ!
と、いくら言われても、できないものは
できないのだ。

そのことが普通の人にはどんだけ
説明してもわかってもらえず、
「できて普通」「できて当たり前のことが
なんでできないのだ」といつも
突っ込まれるからきつい。

だいたいは、文章も読めない
りかいできないと、
「なんで、この私の文章がわからないのよ!」
となる。

そう言われて、私は深く読み取ろうとする。

それほどまでに深く読み取らねばならないのか?
考えているうちに怒りの勢いも失せる。

が、怒りは、抑えこまれたわけだから
いつか、また再燃する。

そんなことは毎回だ。

忘れると、また叱られる。

これも繰り返し。

私からしたら、どうして忘れてはいけないのだ?

と思う。

それがりかいできない。

逆にいえば、「忘れる才能」もあるではないか。

が、しかし、覚えていなくていい記憶
トラウマ的な記憶は鮮明に覚えていて
忘れるということがかたときも無いほどだ。

だから記憶がいい。

これもアンビバレンツだと思うけれど、
記憶が悪いのに、記憶がすごくいい。

自分が何を覚えているかは
まったくわかならい。

だから定型だった、
発表とか、しにくい。

まったくライブ的なのだ。

そのときに出てきたものが
「私の言葉」ののだ。

ライブ感が大好き。得意。

ゴメスという発達しょうがいの
ボーカリストがいたが、
彼は、思いつくままにそっきょうで
歌を歌うが、あの感覚はよくわかる。

一発ものだし、想像的。

奇想天外な言葉が、次々に出てくる。

日常、主人と生活していると特にそうだ。

自分でも、それは面白い。

次に自分の中から何がでてくるのか
いつも楽しみ。
自分の放つ言葉が、自分で楽しみ。

またあ。

『嫌な感情の愛し方』想像は創造を作る

現実のことだけを言っていても
いけないのだなあ。

ある本を読んで思った。

『嫌な感情の愛し方』宇佐美百合子 著
(150万部突破)

最近は、音楽をよく聴いている。

波の音や、昔聴いた懐かしい
アニメソングや、ディズニーのテーマ曲など。

ディズニーは夢を語る物語。

ディズニーの曲を聴いていると
夢の世界に浸れる。

希望が湧いてくる。

こういう希望を胸に抱くこと。

不安を希望に替えていかれるのは
「今」の自分だから。

ただ、ぼ〜と曲を聴くのではなく
未来の夢を想像しながら。

そして想像は創造へとつながる。

未来の夢を想像することで、
気持ちがわくわくしてくる。

そういう時間を持つこと。

大切なのだな、と思った。

実行していこう。
posted by さつき at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめな本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分にレッテルを張る癖・糖尿病?

またまた軽く、自分にレッテルを張る癖が
出たかな、思うものですが、
今日は、口内炎を診てもらいに耳鼻咽喉科へいきました。

先生に、「2週間以上口内炎が続くと
糖尿病とか、な場合があるんですよね?」
と聞くと、「へ?」みたいな感じで見られて。

私は病気に関しては、8年前に倒れてからというもの
異常に敏感なのだ。

そして、少しでも症状が出ると
調べてあたりをつけて、対処する。

早めの対処が早めの改善につながると
知っているし、ほおっておけばひどいことになる
ということも知っているからだ。

先生に聞いて、あれ?
「糖尿病の検査はしてくれないんだあ」と
思ってしまいました。

耳鼻咽喉科なら、そこまでの診察を
望むのは無理なのかなあ?

よく分からないけど。

普通に、血液検査とかしてくれるかと
思った。

まあ、仕方ないや。

それに、先生も、「違いますよ」的に
言われてたし。

でも、私のどこを診て、違うというのだ?
顔見て分かるのか?

何にも見てないのに?
疑問だ。

それと、癌も違うと。

だが、一週間後まで口内炎が治っていなかったら
良くないので、また来てください言われた。

治ったら行かなくていいのだろうか?

よく分からない。

貼り薬だけいただいて帰った。

一回貼ったらはがれないて。

強力やなあ。。

幹部、めがけて、貼るように、との。

薬局屋の方の、指導でした。

はい。

なかなか、難儀やなあ。。

とまあ、たいしたことない口内炎の
話しでしたあ。

ではあ。

口内炎に潜んでいる実は怖い病気

最近、久々に、口内炎になりました。

2週間くらい、なってるのかなあ?
調べたところ、2週間以上口内炎が治らない
場合は、別の病気が隠れていることがある、
とあり、今日は、耳鼻咽喉科へ行ってこようと
思っています。

舌にも、白い斑点があるのですよねえ。

3週間以上たっても治らない場合は、
舌か口膣内粘膜の癌の場合も考えられるため
病院へ行ったほうがいいらしいです。

若い人でも、この病気にかかっている人はいるらしいです。

口内炎になる理由は「ストレス」「ビタミンB不足」
「唾液不足」「歯などの尖ったものが当たっている」
などの理由が挙げられるとか。

歯は、銀歯でなる場合もあり、
その場合は、セラミックに替えるなどの
対処法があるらしいです。

唾液の量は、耳鼻咽喉科で調べられるそうです。

口内炎の患者さんが一番利用するのは
「耳鼻咽喉科」だそうです。

耳鼻咽喉科だと、レーザー治療、高周波治療が
施されるそうです。

ほかにも、2週間以上治らない場合、
または倦怠感、熱などのある場合、
ベーチェット病、自己免疫疾患、糖尿病
などが疑われるらしく、気を付けたいと思いました。

私は、昨年の健康診断で、実は
糖尿病予備軍と診断を受けています。

それも、危ぶまれますが、
ここ数日、倦怠感もあったので、
病院へ行ってみようと思い中。

原因がわかれば、対処ができるので、
さっそく行ってみることにします。

ちなみに、口内炎には、口の中を常に
清潔にしておくことで、菌やウィルスの
繁殖を防げるので、食事の後の
歯磨き、口ゆすぎは、大事なのですね。

改めて、お勉強になりました。

ではまたあ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。