2015年10月23日

半径5メートル以内の人は幸せにできる

昔は「花金」と言われた金曜日。

カラオケボックスへいき、
一人カラオケをする。

友人を猫カフェに誘うが、
今日は予定があるということで。

次回に。

今日は、主人の残業で帰宅しないから
なんだか、気持ちが「奥様の花金」で
うずうずしだす。。

それもあり、また、友人の
ある行動から、ショックを受け、
気分が落ち込み、音楽を聴いていたが
さらにすっきりしたくなり、
また若いころの気持ち、感覚が蘇り
久しぶりにいってみた。

なにかハプニングが起こるかな?
出会いとか(笑)若いころのように・・。
と少し考えたが、なにも起こらなかった(笑)

一人で、「糸」を熱唱する。

う〜ん。

中島みゆきの「糸」

良い!

一人悦に入る(笑)

なかなかに、私の歌声は
中島みゆきと似ていると言われる。

えっへん!

で、友人に手紙を書いて
すっきりしたところで
これを、書いている。

やはり、物事は早めに片づけないと
ならないなあ。

が、いかんせん、すぐにフリーズしてしまう
私は、止まって動けなくなる・・。

なにかあると。

用事も、コンスタントに、「事務的に?」
澄ませてしまえばいいだろうが、
いかんせん、そこに感情がはいる。

感情が入ると、どうもやる気が起きない
というこおが起きる。

また、次回にするか・・。
とか。

仕事向きじゃないんだよなあ。

じゃあ、なんならいいんだ?

「遊び」

遊びが得意、ってそれなに?
と思うかもしれないが、
半径5メートル以内にいる人は
楽しませたり、幸せな気分にする
自信ありますよ〜。

その能力は、ここ2・3年の間に
身につきました。

一人でも遊んでます。

発想が、次々に沸くので
一人で、遊ぶことができるのです。

はい。

なにもなくても大丈夫です(笑)

リアルな感情を蘇らせる方法

ホームページがきっかけで
親しくなった友人が、大変良い歯医者さんを
紹介してくれて、そこに通っていたが、
今日でいったん、通うのを
いったんお休みすることに。

そこの歯医者へいくと、不思議なことが
起こる。

前回は、何かイメージが見えた。

今回も、今まで出てこなかったような
言葉が文章となって頭に浮かんだ。

それから帰宅したら、
我が家では、これはあり得ることなのだが
歌を歌い、踊りながらクッキングをする。

愛犬、マルタや、up!と
ふざけたりしながら。。

ハンバーグを練りながら、
「おいたをしてたら、こ〜んな風になるど〜」(笑)
とか、脅しながら(笑)

up!は、おびえて、逃げるが、
からかうのは、面白い(笑)

でも、up!も、面白がっている。

今朝、自転車で出かけて
あることをした。

子供のころの、感性のまんま
本能に任せて動いてみた。

それが良かったのかもしれない。

感情がよみがえってきた。

リアルな感情なので、うれしくなってきた。

やらないでいたら、感情も鈍麻するのだなと
思った。

が、やれば、感情もよみがえる。
大事なのは、本能のままに動くこと。

これがポイントかなと思う。

一つの行動で人生は変わるほうへと傾いていく

ただ、今の現状が嫌だ。

そういう人は多い。

今の職、今の環境が嫌なら
じゃあ、どうなりたいのか?

それを、具体的に言える人は少ない。

具体的に言えたのなら、もうすでに
そちらへ動きだしている。

今が嫌だけれども、目指したいものも無い。

これでは、いくら嫌だと言っていても
その嫌な現実を否定しているだけのことで
自分の理想像へは近づかない。

自分の子供にも、飼い犬にも
「ダメな言葉をかける」人はいる。

「お前は馬鹿」

「お前はダメ」

潜在意識はすべて言葉を聴いている。

潜在意識から言えば「お望みどうり」
そうしてさしあげます、と言っているのだから
そうなる。
自分に言っても人に言ってもそれは同じ。
潜在意識は「主語述語を持たない」
だからすべて聴いて、そのとおりに導き出す。

潜在意識は、自分の望みを叶えてくれる
魔法のランプ、アラジンだと思えばいい。

「言葉のとおりの自分」になるのだから
「なりたい現実を言えばいい」

だから、私は、あるときから
飼い犬にも「ダメだよ」というよりも、
おいたをしはじめたら、
「かしこいね」
「かしこいんだからやらないよね」
と話かけるようになった。

金持ちの子供、裕福な子供、
幸せな家の子供は前提が違う。

「お前は幸せなんだから幸せになる」
と言って育てられた。

「お前はなんでもできるんだからなんでもできるんだ」
と言って育てられた。

前提からして「●●なんだから」「●●に決まっている」
そう言われて育った。

だから、自然と金持ちになる、
自然と豊かになる、
自然と幸せになる。

ただ、金持ちの中にも不幸な金持ちはいる。

それは「金だけが目的で」「金だけを追いかけた結果」
不幸になる。

貧乏だからといって「どうせ貧乏なんだから」
と思いあきらめる人と「貧乏なら幸せになってやろう」
と思う人では、生き方は違ってくる。

その思う、心で「なにをどう思っている」
「思い続けているか」で結果は違ってくる。

日々、そのことを思い続けることで
結果を導き出す。

だから、やることよりも
大事なのはマインド。

なにを心で思うか。

が大事。

それでたとえ、現実は悲劇でも、
現実は貧乏でもかまわないのだ。

そう思い続けることで、
その人はいつか幸せになれる。

それは具体的な行動に落としていかなければ
ならないが。

自分は挨拶できてなかったな
と思ったなら、今度から誰にでも笑顔で挨拶しよう、
と決めて実行すればいい。

自分は、掃除がずぼらで健康を害していたなと
思えば、毎日一か所からでも掃除すればいい。

実際、そういった小さな一歩、
小さな心がけからしか
人生は変わっていかない。

それで、「あんな小学生にでも挨拶して
レベル低い」と言われようが、
「ゴミ拾いしてなんになるの、馬鹿らしい」
と言われようが、自分の心に決めたことなら
やればいい。

やり通せばいい。

それで、何かは確実に、やらない人より
変わっていく。

人生は、もうその時点で動きだしている。

変わるほうへと傾きはじめている。

感情はどのように蘇る?

起きるのは夜中2時。

ハーブティーを飲みながら夜中3時ころ
波の音を聴いているのは、やけに
心地よくなってきた。

ただ、感情は、若いころのそれとは違い
感受性が、いまひとつ、あまり変化のともなわない
また、少し鈍麻した、ような?
感がある。

47歳にもなると、こうなるものなのだろうか?
少し寂しい。

ただ、音楽を聴くと、若いころ
その曲を聴いたころの思い出とか思い出す。

感覚が、少しよみがえるときがある。

また、感覚を呼び覚ますには
音楽を聴くのがいいのかな?とも思ったり。

加藤諦三さんの本の中に
音楽と運動と芸術は進化しない。

進化しないものをやると心の病には良い、
とあったが。

最近は、退ぞいていた、音楽や
運動がよみがえり、体の感覚が心地いい。

朝、サイクリングをやると寝つきがいい。

し、サイクリングをやったあと
断然、体調がいいので
これからは毎日やるかな、と思ったり。

自然の中で過ごすこともしたいなと思う。

私は、なにも軽井沢や、そういった
観光地へ行かなくとも、近所でも
森林を楽しむことはできるし、
サイクリングでもいったついでに
新林を楽しんでくればいいと思う。

用事ばかりをしていると
あまり自分が無意味に思えてくるが、
なにか、やりがいのあることをしていると
意欲が出てくる。

それは人間そうかな、思う。

何か目標があったほうがいいな
とは思うが、いまだ、これといって
目標は見つけられていない。

これから見つけるかな、と。

主人のことを考えている。

私は破天荒な人間なので、
世の中に出て、破天荒なことをすると
主人に迷惑がかかるから。

一つ、守る人のいる、ということは
女にとっても強みだ。

余談だが、昨日更新した記事の
『「勝負パンツで分かる」結婚と恋愛の違い』は
受けはあまり良くなかった。

試しに書いてみた、路線違いの記事だったが。

これからも、ごくまれに、こういう
試しな記事を書くかもしれない。

今週末も終わりが近づいてきた。

昨日は、予定していた剪定もできて
良かった。

下手な剪定を、ご近所の方が通りかかり
褒めてもくれて、気分がいい。

やはり年の功、諸先輩方は褒めるの
上手ですねえ。

ご近所さんにも親切にしていただいて
うちら夫婦は近所(班)でも一番若いくらいの組なので
暖かく見守られている感で、
ありがたい。

「野菜をいつも作っていて感心だわあと
思い見ているのよ」と言ってくださったり。

庭に何かを作っておくのは防犯にもなるらしいですね。

ご近所さんとの会話も。

最近では「無縁社会」と言われているが、
近場を見ていると、そうかなあ?と
思うこうけいがあちこちに見られる。

だから、なんだか、あまりそんなでも
無いのでは?と思ったり。

健康でいるのが、何よりですね。

元気でいたなら、気分もいいし。

なんでもできる、ということは幸せです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。