2015年10月31日

本当の意味での学習

では、主人を迎えにいってきま〜す、
とかいって、一つまた気付きを思い出したので、
また記事書いてますが。

昨日、右足を痛めて、で
何もしないでしばらく放置していた間は
割と、紋々として、いられなかったのですね。

ふと、そうだ!と思い、インターネットで
検索して(今は、なんでもインターネットで
調べられるから便利ですね〜)、
足の筋を痛めたときの対処法を調べました。

足を冷やせばいい、「冷やし」「温め」
「冷やし」の繰り返しで、「温め」というのは
つまり保冷剤をいったん離す、と、
それだけで「冷やす」は、また保冷剤を
足につける、というこれを繰り返すといいと。

すると、炎症が収まる。

のような。

で、対処していたら、しばらくすると
また一夜明けると、さほど痛くない。

しかも、なんか気持ちも落ち着いた。

で、気づいたのだが、そうか!
対処法がわかならないと紋々と悩むが、
対処法が分かっただけで、それだけで
気持ちはかなり落ち着くんだな、
とわかった。

それが、安心とか心の安定につながるのだ、
と。

で、過去の記憶で、私は、肺炎になり、
高熱を出して、一人ベッドで、うんうん
うなっていたときがあるのですね。

そのときに、かなりマイナスな思考が
働き、「このまま死ぬのじゃないか」とか、
かなりマイナスに陥り、それだけで
きつかったという経験から、
もしかして、「精神が強いだけで
ポジィティブなだけで、体がつらくとも
かなり耐性は強いものになるのではないか?
と考えたことがあり。

自分の心の病を、うらめしく思ったという
経験を思い出して、それと関連して、
もしそのときも対処法がしっかり分かっていれば
マイナス思考も幾分軽減されたかも?
と考えました。

で、過去、催眠治療を受けたことがあるのですが、
そのときの催眠の先生に、「人は対処法を
知っていれば、なんとかなるんです」
とのような言葉を思い出し。

その頭の中の関連付けから、
ああ!学習とはこういうことを言うのかも?
と思い。

で、友人との最近のケンカでの経験で
友人の言わんとしているところは
つまり何なのだろう?
と考えたが、分からず。

というのは「不誠実な態度や忘れたら
それを指摘されて成長するものだ」の
学びは、自分には新しい学びで新鮮で。

でも、「記憶できない」人や「本当に
忘れる人」はどうなるのだろう?
つまり認知症の人は?
と、そこまで掘り下げて考える実は
人なのですが、そこは置いておいて、
(今考えても仕方ないので)、
「物忘れの対策を自分で考える」
ということだったけれど。

あれからいろんな、こういった過去の
学びの中からの関連づけを考えているうちに
「う〜ん、学校の勉強をただ単にするのとは違う
「学び」とは深いなあ」と改めて思いました。

その意味で、記憶でも無い、なんでもない、
病気のせいにもしない。
性格かもしれないし、という友人の言葉を
いろいろ考えていくうちに
ああ!もしかして、私の知りたかった
一言って、つまり「本当の学び」をする、
ということかな、と。

そうすると、なんだか落ち着いて、
答えが出た気がしました。

で、今、これを書いて、やっと
落着きました。

ではまたあ。

「機動戦士・格納・長期保存タイプ?」

朝から恐縮ですが、主人のチャームポイント
言いますか、私と気が合い、気に入っているところは
「真顔で面白いことを言う」ところで(笑)

そこが、私のツボにはまるタイプで。

はい。朝から恐縮です。

今朝、主人お迎えだから、テンション上がってます。

はい。恐縮です。。

私は、どちらかと言うと「人が受けるより
先に、自分で言って受けている」奇異なタイプの
人で。

一人で、あらぬ方向を向いて(←このあらぬ方向を
向いて、というところに別段意味は無いのですが)、
(西の方角とか、そんなことは決まってないのですが)、
どんなタイミングでも笑える、という特技を
持っています。

それに健忘症なものだから
友人にも「夫婦ケンカは犬も食わない」と
言われるほど、「夫婦ケンカ」で、友人を巻き込み、
夜中に電話して、たたき起こす騒動をしておきながら
次の日、優雅に主人と過ごして、明るい声で
電話すると、友人に激怒された、という経験があり。

それくらい実は「健忘症」になってしまい。

が、友人の言うところの、女性特有の
「長期保存、格納装置」は私も一応
女なんで(笑)、保持しているようで(笑)

なんや、「機動戦士ガンダム」みたいな
ニュアンスやなあ、て、使う言葉が
めっちゃ、古いのは、アラフォー世代を
通り過ぎようとしている、おばちゃんだからして
許してん。

↑色気出してはる。。?

で、けっこうこれでも、幼児受けが良かったり、
自惚れですが、「若者受け」も良かったり、
してると自分では思ってるんですが。

「幼児受け」が良いのは「内面が幼児」だから
それは、致し方ない、として(笑)

友人が「永遠の5歳児」と言っていますが、
私は、「幼児受けの良いおばさん」とでも
言っておきますか〜。

なんか、自分のテーマ、あまりうまく
しっくりくるのなくて、まだ考え中です。

友人に言われたのは「負けん気の強いところは売りになる」
と言われて、それは一つ取り入れようかな
と思っている。

そんなこんなで、お迎えの準備します。

ではまたあ。

夜中に「ロッキー4」でシャウト!

昨日upした、『自称、ドMの露出狂の女』という
記事は、やはり人気度が低く、あまり当たらなかった
のを内心ほっとしています。

自分からひっかけておいて、それが
当たると、「ええ!?」て、「そうなんかい!?」
て、焦る、ややこしい女で(笑)

内心が真面目なだけに、そのテーマで
ヒットしなかったことを、ほっとしておる
もので・・。

で、友人のブログに、私のブログを紹介した
記事が、昨日の、たしか21時21分ころ掲載される
予定で。

友人が、丁寧にLINEで記事を送ってくれて
私に承諾を取り、21時21分ころ記事をupします、
と宣言したとおり、21時21分21秒ジャストで、
そういった時間の正確さにも、私の友人の
驚くところで。

本当に時間を大切にしているのだなと
いうのが、お付き合いしていても
感じられて、そこも、友人の凄さだと
思います。

と、こんなことを書いている私も
数日前、友人とバトルをして、
私にとっては、友達と、あんなに
ケンカしたのは生まれてはじめてくらいで。

過去にも、そのチャンスは
何度もあっただろうに、見送ってきたために
成長を遂げることができなかった
アダルトチルドレンで。

その脱却を今はかっているところで。

で、友人からの言葉も忘れてしまう、
超のんきな、健忘症の私は
つい先日も、その件で痛い思いをした
ばかりで・・。

だから、「自分に手紙を書く」という
対策を立てたばかりで。

友人の言うように「病気に逃げていた」ことは
事実で、その言葉自体を覚える、
というよりは、マスターして身に着けて
しまえばいいのだな、と、なんとなく
腑に落ちたというか。

その言葉、文章事態は忘れるものの
文章の構成力といった、感覚的なものは
体で覚えているから忘れないのであって、
言葉にできないような、感覚的なものを
習得してしまえばいいと。

つまりは友人の言うところの
実施、であって、「リアルで体験する」
ことが、一番かな、と感じたものでした。

私はもともとが「真似っこ」で、
真似で学んできたようなところがあり、
技も、うちの母親は「手取り足取り教える
タイプではなくて、できないとすぐ指摘する
タイプで」必然的に、人に聴かないで
「盗み見て自分のものとする」
職人技を身に着けたもので。

かたづけも、もしかしたら、
理想とするところは
かたづけの、コンサルタントの近藤まりえ
さんに来ていただいて、それを
「盗み見て」習得したほうが
私には早いかも?
と思うものの、そんな費用は
どこからも出ず、地道に4年かけてでも
本を読みながら、コツコツと自分でやっている
もので。

だいたいは、昔から、「給食居残り組」
で、みんなが掃除している間も
パンをかじっていて、さらには
放課後まで、かじっていて、
「先生、もういいですか〜?」
と、一応、努力の後を見せて許してもらって
帰宅する毎日で・・。

夏休みの宿題も、夏休み終わる直前まで
やらない「キリギリスタイプ」で、
一度、悪をして、友人に丸写しさせてもらい、
あとの夏休みって、いったいどうしてたんだろう?
宿題提出せずに、ズボラこいてたのかなあ?
それも忘れましたが・・。

やらないで放置していたら
「痛い思いするのは自分」てことは
大人になって気づくも、遅い・・・。

読書に熱中し始める27歳ころまでは
「勉強のべの字も知らない」人で、
それも、病院の待ち時間が2時間とか
べらぼ〜に長く、下手したら
朝いったが帰りは夕方とかで、
病院友達と、ただ、だべっているのが嫌で、
もくもくと下を向いて本を読んでいたら・・。

はまってしまって。

で、熱しやすく冷めやすいところもあるが、
読書だけは冷めずに、いまだに続いていますが、
さらに言うなら読書から拍車がかかり
ついには「成功法則」まで数百万出して
購入するまで至り、あやうく借金地獄に
陥るところを、父と主人に助けられ
お金を「貸してもらった」ものの、
ほとんど、くれたようなもので、
やはり返済はできずじまいで、
父は昨年亡くなってしまいまいした。

ものすごく苦労かけた思いだけはあります。

めちゃめちゃダメな娘を、
「アホな子ほど可愛い」と言いますが、
めちゃめちゃ、幼いころから
目の中に入れても痛くないほど
可愛いがってくれた父でした。

そんな私は、超甘えたで。

今でも犬の接し方とか見てると
スイートハニーな接し方が
もろ出てますが(笑)

自分の病気にたいしても
自分にも超甘いので
友人には「そこは売りにならない」
と、びしっと言われていて(笑)

が、「負けん気なところは売りになる」
と(笑)

そんなこんなで、「超自分に甘い」
習性は、「夜更かし」や「ジャンクに走る」
傾向にも現れていて、(夜更かしというよりは
逆の超朝方人間で夜中の2時とかの起床で
ハイになり活動しているものですが)、
まったくもって、思春期のような
言動の多い奥さん、可愛さか??(笑)、
寝ないでいたら「ガミガミ」言っていた主人も
元気なんだからいいや、くらいに思ったのか
容認してくれていて、今では夜中に起きて
ガサゴソしていても、なにも言わないで
「おはよー」て起きてきますね。

主人は、朝6時ころ。。

話長くなるので、いったん置きます。

起きがけに、友人のブログを読み、
友人の看護師をしていたころの
あだ名が、「ターミネーター」だったことに
受け、さらに、記事の(いつもテーマ曲が
一緒に載せられている)、「ロッキー4」だかの
テーマ曲に乗り、夜中に、ガッツポーズしながら
シャウトする私でしたあ(笑)

それでは、今日も、良い一日を。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。