2015年11月26日

えせ「滝行」からの気付き・一つの催眠効果

昨夜は、お風呂に入りながら、水道の蛇口から
流れてくる、お湯に肩のところをあてがって、
「滝行じゃ〜!!」とか(笑)やっていたら
いろいろ気付いたことがあった。

「滝行じゃなくて、それじゃあ、滋養じゃん」
とか、一人突っ込みしながら・・。

これでも過去、「尼になろうか」と真面目に考えた
ことがあり、が、一時で、感情はやがて続かない・・。

だいたいは、ミュージカルスターから、カンフーやら
空手やら、絵画やら、ヨガやら、果ては、講演会活動や
学校の先生や、医者にまで憧れる始末で。

今は、少し、ロッククライミングもやりたいと
思っています。

どんだけ〜て、いうくらい、多趣味で。。

興味がいろんなことに行く、行ってしまう人なのですが。。

あ。本題の「気付き」について、ですが。

「自力を立てる」というか「自分を立てる」というか、
て、ことを「意志を立てる」というか、を
自分なりに、やってみたのですね。

これは、思い立たないと、できないかなあ、
思うのですが、気持ち、心なんて、
なんだか、あるような無いような、
本当は、ふわふわしたものかなあ、て
最近では思うのですが。

強い、怒りや恨みといった感情のほうが
より強い「意志」みたいに感じるときありますが、
それって、持続すると、自分がやけに苦しかったりしますが、
だから、「自分の感情に振り回される」とか
「煩悩で苦しむ」とか、あるのかもしれませんが。

自分の意志は積み上げて、繰り返し思わないと
なかなか信念にまで到達しないてことも
やってみてわかっているのですが、
「自分を立てる」ということは
もしかしたら、普通の人は幼いころから
親元から、少し離れて冒険心を起こして行動してみて
また危なくなったら親元に戻って、
とかいうことを繰り返しながら、そういう体験
経験を積み上げながら、「自分を立てる」
というか「人間を作り上げていく」のかな?
て少し思いました。

あとは、「ケンカ」したり、人間関係の
やりとりの中で、とか。

でも、私は、あまりそういったことは
してこなかったので、「自分が形成されなかったのかな?」
て思いました。

ていうのは、私はものすごく「緊張し〜なところ」
「すぐ体や精神が凝り固まってしまう特徴」を
持っているのですが。

お風呂に入ってまで、「脳」がリラックスしていない
「緊張状態」なことに気が付いて、こんな風に
考え出したことなのですが。

で、もう一つ、発案として、自分に提示したいことは
こんな自分に、家の中の「緊張する場所」と
「リラックスする場所」というのを
あらかじめ決めておくのです。

で、その場所に行けば、どんなことがあっても
「リラックスモードに切り替える」という
訓練をしていくのです。

「あとは緊張していいよ」とそれを自分に許す
というような形をとっていく。

「緊張することがすべて悪いのだ」ととらえるから
いつまでたっても、頭が「緊張した状態」から
抜け出せないのではないか?と思ったからです。

「それもいいんだ」ただ、「この場所ではリラックスしようね
と自分に言ってやる、ということなんだと思いました。

そういうメリハリをつけていくと
割と楽になるのではないかなと思いました。

でないと、いつ緊張していいのか?いつ
リラックスしていのか?自分でわからず
区別がつけられず、お風呂に入ってまでも
「体はリラックスしているのに脳が緊張状態のまま」
ということになるのではないだろうか?
と思ったからです。

たとえば、お風呂の中で、自分に
「アファメーション」をかけていく。

昨日やったのが「スーパークライムになりました〜」
という自己暗示。

「あなたはスーパークライムになり、お風呂の中に
溶け込んでしまいました〜、どろどろです。
身も心も、お風呂と一体です〜」

というようなアファメーションというか
催眠、自己催眠を自分にかけていくのです。

ということにより「自分に心地いい言葉を
選び、自分が本当にそのような気持ちになる
言葉を選び、自分にかけていくのです」

スーパークラムになり、身も心もドロドロに
なったあとは(笑)、リラックスしたあとは
シャキッ!と意志を立てる、

この作業が、私には効果ありました。

自分の本能に従い、自分の潜在意識の
思うがままにやる、ということは
今までにもなんとなくやってきましたが、
今までの経験や知識の中からそういった
感覚を駆使して、編み出せばいいのかな?
自分なりの改善方法を、と思ったりします。

あとは、本当に、この方法で
万人に共通するものであれば、
世の中に広めていくことも可能だと思うし。

そういったことを日常の中からでも
見つけていけばいいということですね。

それは何もかしこまって考える必要もなく
普通に生活していく中で見つけていけば
いいことかなあ、て思います。

何も、学会で発表するような研究者だけが
発明を起こしているわけではないでしょうから。

とまあ、昨夜の「滝行」(笑)からの
気付きでしたあ。

2015年11月25日

互いの「気付き」を話し合う夫婦

我が家独自のものかもしれないが、
互いの「気づき」をこれから言い合うことにした。

というのも、私の中だけで決めていることだが。

今週一週間は、主人が会社の休暇をいただき、
お休みしているので、何かと「指導」「指摘」
されやすいが(笑)、それも「学び」ととらえて
でも、私も言いたいときは言っているし、
けっこうそれが、主人的には、「痛く」
がつん!とくるみたいで、その後の態度が
急に良くなるので、こちらもわかる(笑)

実際、主人と一緒に生活していてわかるが
「気づき」の早い人だと思う。

昨日、言い合いになったが(笑)
その途中で「テレビでたくさん気づきがある
と言ったのは、正直びっくりした。

それについて考えを巡らせたが
私はテレビよりも、本や、セミナーや、CD教材と
いったもののほうが気付きが大きいと思っているから
それを優先するが、ある意味
「テレビを観る」ことで、お金もつかわないで
できている主人だろうから、それを気付きに変えている
主人て、なかなかすごいんじゃないだろうか?
と思った。

それに引き換え、私はさんざんお金をつかったわりには
主人に「あまり成長の兆しを感じとってもらえてないので」
そこは、反省しないとならないな、と思いました。

互いの気付きを話しあうのは面白いし、
互いのことがよくわかると思う。

私たちは、いまだに互いのことが知りたいし。

未開の地がたくさん互いに持っている。

その未知の世界を持っていて、
互いに知りたい、という気持ちは
まるで恋人どうしのそれのようで
新鮮だ。

とは、私だけが思っていることかもしれないが(笑)

とまあ、こんな感じで休暇は過ぎていってるかな〜。

ではまたあ。

2015年11月24日

「相手の立場に立つこと」大切な気づき

昨夜の「ドライブ事件」で、主人はガソリン代が
もったいなかった。

「時間」も「ガソリン代」も無駄になった。

と言ったが、そこは「そうなんだろうか?」
私はそうは思わないのだが。

失敗を失敗のままで終わらせるのも
それからの成功や学びに変えるのも
自分次第だと思うから、それでしょげることは無いと
思っている。

あとは「やってみないとわからないことは
世の中にはたくさんある」と主人に言ったが、
「できないならさしょからやらなければいい」
と言った主人に対して「トライする前からなんでも
諦めることないと思う」と言うと、
「それはそうだが」と言われた。

ただ、私の行動は「無茶」だと。

夜のドライブくらいで「無茶」とは
あまり人は思わないと思うが、
私の場合はそこはそれは、無茶なのかも
しれない、と主人に言われて後で思った。

ちょっと最近、気持ちが大きくなっている。

いろいろあるから。

うまく行き過ぎるのも、自分の場合問題だ。

すぐ調子に載る癖があるし。

反省しながらやらないと。

昨日のことでは、やはり私が悪いと
反省することにした。

「自分が悪い」と思えたら
気持ちが楽になる。

まだまだ主人に反抗している自分にも
気づいたし、主人は私の安全のためを
思って言ってくれているのに、
それがわからず、反抗していた。

「私があなたを困らせてばかりいるから・・」
と言うと、「それはいつも思ってるよ。
お前は困らせるてわかってるよ」と言われた。

逆の立場だったらどうだろう?

私が男だったら、私のような女は
もうごめんだ!出ていけ!ていうに違いない。

それに相手が冒険心が強いと、
周り中ハラハラする。

愛媛の実家の裏手の山に
散歩に主人と一緒にいったとき、少し冒険心が
出て、主人が山に向かって坂道を歩きはじめて
しばらくかえってこなかったときがあった。

たったそれだけの行為で、
心配でいられなかった。

そのときわかった。

冒険心の強い私を、ただただ待っていて
くれていた主人の忍耐を思うと
ありがたいという気持ちになった。

自分のような人間が目の前にいたら
私なら一緒にいられない。

この気づきは実は大事な気づきで
自分の業はなかなか変えられないけれど
相手の立場に立つという意味では
大事な気持ちなので、この気持ちを
忘れないでいようと思う。

自分という人間が生きていられるのも
主人のおかげで、本当にありがたいと思う。

本当、感謝、感謝です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。