2015年11月20日

単発で「ヨガ教室」参加で楽に

今日は、午前中、単発で、ヨガ教室へ
いってきました。

一回1000円のコース。

私は、平日でも、参加できない日とか
あるので、単発コースにしました。

昨日、ある勉強会へ参加して
その帰りに、近所の奥さんの紹介して
くれた、パン屋さんへ寄ってみたら
そこで、たまたまチラシが目に入り、
それがヨガ教室の案内だったのですね〜。

で、昨日の夜のうちに「明日参加する」
て決めて、電話をかけてインストラクターの
先生に予約をお願いして。

今日参加して、その話をすると
インストラクターの先生には
「すごい行動力ですねえ」と言われた。

で、昨夜のうちに、友人を4人、
ヨガ教室にお誘いした。

で、どの友人も、仕事や、ほかの
習い事で、不参加だったので、
私一人で参加した。

でも、うち、3人は、「また誘ってください」
というものだったので、少し次回に期待している。

こういった些細な行為も、人とのつながりを
感じられる私にはうれしい行為で、
なんとなく、「人の愛」を感じちゃうんですよね〜。

それとは裏腹に、「睡眠障害」「過食」は
治りません。。

ヨガ教室でも、先生には「睡眠障害」のことを
告白。

こういうことを人に言うのって
「秘密を打ち明けた感」で、
「あなただけに言ったのよ」的感覚で
少し、「密会」とまでいかないが、
なんだか、微妙に、「紫式部」の世界だったりして(笑)
そういうの好きなんですよね〜。あは!

このブログでも、そんな「密会」な交流が
ひそかに成されているのか?(笑)

で、「過食症」のことまでは触れませんでした。

インストラクターの先生が
ヨガのあと、「悪いところが出てきます」
といったのは、痛みの部分だけじゃなく
「過食症」も、そうなのか?
ヨガのあと、帰宅後、お昼を食べたのに
いっこうに「満たされ感が無い」
で、ラーメンを食べ、チョコを食べ、
スナック菓子を食べ、、ETS・・・、
やっても〜た。

この実質の空腹感より
「満たされない不安感」のほうが
深刻で。

食べても食べても精神的には
底なしで・・。

「空虚感」というか・・。

いつからこうなんだろう?
と考えると、主人に私のとある問題が
発覚したあたりからで、
で、保留になっている案件があり、
もしかしたら、それが解決して
軌道に乗り出したら、状態は変わるかも?
とか、さっき、割と楽観的な発想が
芽生えたので、たいした深刻には
考えてないが。。

47歳にもなると、ある程度の人生経験から
「時間が解決してくれるわ」とか
「人生は流れの中にあるんだから」とか、
割と楽観的に物事を観れるようになる。

睡眠障害の部分は、昨夜、あるインターネットの
情報で、「不眠」と「過眠」も睡眠障害とあり、
その言葉が入ってきていたからか?
午後から昼寝を2回もしてしまったが、
あきらかに「睡眠障害」と感じた。

寝ている自分がつらかったのだ。

ヨガの先生には「睡眠障害、つらいですねえ」と
言われたが、「つらい?つらいなんて思ってないけど」
と内心思っていたら、今日の午後、「つらい」という
感情が初めて芽生えて、「もしかしたら、
つらいと思うとつらいから、つらいと思わない
ようにしていた」のかもしれない、
と、なんとなく気が付いた。

そういう、自分で自分の感情を押し込めた
感情が、どこかで、何かしら働いているのかも
しれない、が、自分では、なかなか気づけない。

そういう押し込めた気持ちの反動て
どこか行動に現れたり、結果として
導きだされたりするから、それを
よく観察していけば、もしかしたら
何か気づくかもしれない。

今は、「感情ノート」というのをつけていて
感じた感情「わくわく」とか「イライラ」とか
と、その感情が出たときにとった行動を
ノートに書いている。

が、意外に感情を書くのはむつかしいことに
やってみて気づく。

「●●した」とかいるのは感情ではないし
わりに認知の脳で書いてしまいがち。

人間は「認知脳」が働いて
危険を察知するからどうしても
「マイナス感情」に陥りがち。

そういうときは「気持ちを切り替える」とか
「行動事態を変えてしまう」とか、
たとえば、「笑顔を作れば」自然と
うれしい感情になるように。

「楽しいから笑顔するのではない、
笑顔するから楽しくなるのだ」のような
言葉があるが、あれは、まさに本当だと思う。

なら、「つらいときに笑顔する」なんて
ことは「人間にしかできないことだと思うし」

「面白いことがあるから笑う人」と
「面白い状況でないときに人を笑わせる
工夫ができる人」とでは
前者は受動的だが、後者は能動的で
後者のほうが、自分をどんなときにも
愉快にさせる方法を知っているから
「不機嫌さ」を「ご機嫌」な気持ちに
切り替える方法も知っていることだろう。

そのほうが強みだ。

そんな人の周りには「豊かな人間関係と愛
に満ち溢れた生活が繰り広げられていることだろう。

今日、車の中で久ぶりに成功法則を
聴いていたら「豊かな人間関係を築ける人には
どんなときにもチャンスが訪れる」という言葉を
聴いて、なるほどな、と思った。

そういった「言葉の宝石」を、
いつも、頭の貯蔵庫に溜めておけるように
くだらないマイナスなニュースや
人の揚げ足をとるようなテレビ番組は
極力観ないほうが得策だと私は思っている。

でないと、脳は簡単に犯されてしまう
そういう順応性を持ったのが脳だから。

まったく観ないというわけにもいかないし
私もたまに見るが、「心にまで入っていかない」
から、そのニュースに感化されるということは
あまり無い。

それで感情が揺れ動くというのは
しんどい行為だから。

評論するのも、ほとんどしない。

それに時間をとられたくないから。

そんなことは政治家や評論家に任せておけばいい。

私は、私で別のことをします。

よく奥さん連中で、テレビを評論しているが
そんな無駄なことはしなくていい、と私は
思っている。

ではまたあ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。