2015年12月27日

「浸食していく」こと。ネガポジがポジィテブに?

さきほどの記事を削除しましたので、お詫びとして
もう一つ記事書きます。

最近、めっちゃ、明るくなってきた私ですが。

以前は、めっちゃ、ダーク。

ネガポジな私でした。

最近は、以前思い起こしていた、
すんごくダークなイメージが、さほど
思い起こらなくなってきており、
はて?明るさ全開にしているから
ネガティブになる暇が無いのかな?と
思ったりして・・。

それは、良かった。

なんというか、ネガティブな自分の領域を
ポジィティブな自分が押し寄せていき
その範囲を広め、侵略でもするような
イメージというか。

が、しかし、以前、言葉のほうは
「死ね」の言葉は、変わらずあります。

なぜ、この言葉がいつも頭をかすめるのか?
わからないままです。

本当に、私は幼いころより、「死」にたいして
縁が強いというか、それ関連のことが
本当に巻き起こる人で。

自分に対しても、周りの人も、
ダークな事件が、付きまとっていました。

それは、やがて、人というものは
「死」を避けては通れないし、
やがて誰の身にもくることだから、
「死」を厳粛なものとして、受け止められる
ようになった今では、その自分の業も
ありがたいと思える。

それに関する、自分の使命のようなものも
感覚的に感じるようになってきた。

自分の最後も考える。

自分が最後、どんな風に終えるのか、
その最後も決めておきたいような気持なのだ。

自分の死に方を決められなかった父を
見て、そう思った。

最後、人に命をゆだねることになった
父の姿(脳腫瘍で侵されて)、
(私も、過去、因縁のこの今の病気に
侵されて、自分で判断できず、人に
判断をゆだねるより他なかった運命を
思うと)、自分の最後くらいは、
自分で決めたいと思うようになってきた。

人生を、ある程度生きてきたら、
自分がどんな死に方をするかも、
ある程度予測できるようになってくるのでは
ないだろうか?
と、なんとなく思うのだ。

そんな予測できないで、いきなり来るのは
暗い、怖い、つらい。

いきなりでなくても、怖いが。

できたら、予測できて、遺言も書けて、
最後の言葉とか言えるくらいの力を
お与えくださいませ、と誰にともなく
念じたりして・・。

最近の夢は、そういったもので
最後に願うもので、となると
やはり、私の内面はダークなのだなあと
思うものだが。。

仕方ない。

幼いころに、病気ばかりしていて
内向的な性格だったもの。

おかげで、すごく敏感に育った。

今は、なんとか、カバーできている
部分もあるが。

だいぶん、耐性はできてきているが。

いかん!咳が出てきた。

では、これで。

風邪ではないので、ご心配なく〜。

ではび〜。

2015年12月26日

例えば「気持ち0でも出す!」そこからでもやれるんだ!

前回、ひらめいていた、「課題」が例の
健忘症で(笑)、どこかへ行ってしまい、
忘れてしまい、また別のテーマについて
書くことにします。

新しい車を主人に買ってもらい、
数か月がたつが、気に入っていて、
大切に乗っている。

が、意外に、頻繁には乗らない。

それは、以前の車だと、近場へ行くのにも
「足」につかっていたが、今の車は
すごく大切に感じているので、
近場へはその車ではいかない。

我が家の徒歩5分圏内に、コンビニも
郵便局も、ドラックストアもある、
割と便利なところに住んでいる。

それらのところへ行くにも
以前は車を利用していた。

が、今度の車は、そんな所要に使いたくないので、
(気品を感じているので)、利用しない。

変わりに歩いていく。

だから、よく歩くようになり、
車を買ったことにより、逆によく歩き
体を動かすようになった。

いつかの時点から、「意識」も立った。

「えいやっ」という感じで、
思い切って立ち上げた夜の日のことも
覚えているが(あのときは、夜中にベランダで
5・6冊、直感で選んだ本を、サマーベッドで
横になり、月夜の下で読んだ)
気持ち入れて、その夜、無理に変えた感じ
だった。

それからか?徐々に意識が変わりはじめた。

本から、気づきも得たし、
何より、思いを起こしたことがよかったと思う。

人間、時として「出せない心や気持ちも
出さなければならないときがある」

その感覚を覚えた日のことは、
それは、やはり、8年前に倒れたあの日から
数か月たったある日、二階の自室に
追いやっていた、教材『ダイナマイトモチベーション
6か月month』をやろうと起こした心に
似ている。

それを思い起こすことある。

いきなりな気持ちだった。

無いところからでも出す

のような気持ち。

本当に、記憶ができなかったし
感情も、ほとんど無いような無機質な
感覚の中、呼び覚ます作業をした。

ここで、思いを起こさなければ
自分は地獄へ落ちると思ったからだ。

それは、周りに助けを求めて、
(波動教室の先生や)、(友人)に
頼った。

友人には、何度かのメールのやりとりの
中で、ヒントを得て、波動教室の
先生には、「気合い」を入れてもらった。

「今、やらなければ」と思った。

とにかく、「できるかできないか」なんて
関係ない。

「やるしかないんだ」の思い。

で。

環境や、人間関係で、人は変わっていく。

「自分がそこから何を受け取るか」
なんだと思う。

そして「行動」だと思う。

前に進む力を、今は与えられて
感謝している。

私は、勤勉なのもあるけど
雑多なことも好きだから、
平凡なことに気づくことも
好きだったりするから。

経過は緩やかかもしれないが
自分のペースで、自然な感じで
進化していけたらいいなと思う。

それでは夜も深けてきたので。

おやすみなさい。

2015年12月25日

「火事場のバカ力」断崖絶壁になると、働く人間の本能

今、教材『ダイナマイトモチベーション6か月month』を
2週目聴いているが(つまりは私の場合は6か月monthを、
一年6か月かけて完遂したが、更に2週目に今挑戦しはじめたところだ)
(さらに6か月かけて復習していく意気込み)(笑)

これで、またさらに自分が進化していくかなあと
考え中。

潜在意識に働きかける教材だ。

講師は、石井裕之講師。

催眠治療、カウンセラーとして有名だ。

それらをもとに、セミナーなどを展開している。

それも、実をいうと、8年前に私が倒れ、
その後再起をかけて、このCD教材を学びはじめた
のですが、そのときの私は「レロれロ状態」
記憶もできない状態で、よくこの教材に取り組もうと
思えたものだと、自分でもあきれるやら感心するやら・・。

が、しかし、石井裕之さんが、CDの中で何度も
潜在的な力について話されていますが、
その苦しい時期に、「ちょっとでもやろう
という気を起こして、教材に手をつけていたことが
後々芽を出すことに。

私の中で、きっとあの苦しい時にでも
学ぼうと決めた決意した思いが、
潜在的に残っていたのだと思います。

それが呼び起こされるのが、その後数年後、
主人に、仕事はするな、家にいろ、
そして、生活費以外、お前に援助は
一切しないと言い渡された直後
私の中に、過去取り組んだ石井裕之さんの
ダイナマイトモチベーションのCD教材の
ことが頭に、ぱっと浮かんだのです。

「お金もない、仕事もない、援助もない」
その中、夢をあきらめずに進むには
いったいどうしたら???
と考えていたら、「そうだあの数年前に
取り組んだ石井裕之さんのダイナマイトモチベーションを
今こそ学ぼう
そうひらめいたのでした。

とにかく主人にお願いして、
この過去に買ってあるこのCDを
学ぶことを許してください、と。

そして、私がこの教材を学んでいく中で
本当にカウンセラーとして進みだしたいと
思ったときは、そのときで、また自分で考えますので
それまで、とにかくこの教材を学ばせてくださいと
お願いしました。

それは、やりだすかどうかはわからない
けれど、今はとにかくこれを学びたいんだ
という思いを強く訴えました。

私に残された方法は、そのとき、それしかなかったのです。

だから、取り組みました。

人間、後がない、崖っぷちに立たされると
何をやるかわからない。

ものすごいパワーが、どこからともなく
どこにそんなパワーを隠していたんだ?
というくらい出てくるものです。

「火事場のバカ力」とでも言いましょうか。

ふだんは「レロレロしている」私なのに(笑)

別の課題を書くつもりが、流れで
過去の話を引き出して書くことになりました。

そして、現在に至る、です。

今ひらめいている課題は、次の機会に書きます。

では、また、興味ある方は、覗いてみてください。

よろしく!





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。