2015年12月08日

「気分がいいと物事はうまくいく」

主人とのケンカのことがあって、
変わった。

生活費の範囲内で生活できている
感覚。

ストレスの緩和。

過食症の軽減。

過食症は、「家の中のものを食べつくしたら
かんねんするだろう」と踏んで、
意識は、ほんとうに、食べ物が無くなったら
食べない生活をしなければならないのだ、
というところに持って行った。

が、単なるスナック菓子を、やみくもに
買うのは、止めた代わりに、
ほんとうに、今食べたい、大好きな
セブイレのミスドを、ほんの、1・2個だけ
買ってきて、満足とする、ということをしている。

それも、食費と分類した費用の中での
範囲ならかまわない、と、その部分は許す。

厳しさではなく、「決まり」を作る。

方付けをやってみて分類ができるようになっている
自分に気づく。

それから、少しだけ、主人に、
「固定費」という分類を教えてもらい、
はじめて「固定費」は、どれに当たるのかが
わかった。

教えてもらえたら、すぐ分かった。

こんな簡単に一見見えるようなことが
なぜ、今までできなかったのだろう?

と思うが、気づけば、なんでも早いだろうが
その「気づくまで」が、実は大変なのだ。

実は、主人に車を買ってもらい、
それでも、状況、自分の気持ちが変わった。

ちょっと、今までにない、いい車を
買ってもらったので、(そんなに信頼して
くれていることを、誇りと愛情を感じる)
ちくいち、主人に聞かないと、
わからないことがまた増えた。

が、そこは今までの自分とは違う。

自分で調べられるところは調べ、
自分でも、勇気を出して、挑戦してみる

クリアすることにより、それを見た主人が
喜んでくれるのを感じるから、そうする。

車を買うことを、最終的に決めたのは私。

主人は、必ず、私に決断させる。

そのことも、ありがたい

決めたとき、何度か、一瞬ひるんだ

これから生活やっていけるか?
この自分が本当に?とか。

いろいろ、考えた。

が、自分の気持ち、感情、直感を信じた

その後、読んだ引き寄せの法則の本には
「気分がいいと物事はうまくいく」
とあった。

気分のいい状態を一日の50パーセント以上
満たせるよう、まず目指そう!とあった。

すでにそれはクリアできている。

嫌なことは、めったに起こらない。

というのは、仕事をしていないのもあるが、
自分の気持ちが、「気分良い」のを
常に選ぶ癖がついてきた。

自分が幸せになることを、最初は
躊躇する心が表れるだろう、
けれど、けっきょく、人のことを
思いやることや、心配することよりも
自分が「明るい幸せな人になり
周りには、アドバイスや、少し
軽食に連れ出し、元気にしてあげることが
それが一番いいことなんだと

以前は、そういわれても、わからなかったと
思う。

でも、今は、自分が何をしなくても
「笑顔で微笑んでいればそれでいい」と
思える。

それで、誰かを元気にできるなら
それが一番良いと思う。

そして、そこには、気負いも、
遠慮も、ひけめも無いのだから。

いらぬ付き物が削げ落ちて、
非常に自分も楽だ

助かる。

やることは、増えた?
ようにも思うが、苦ではない。

むしろ、やることを楽しんでいるし
やることは、すべて楽しい事、
と思いながらやっている。

だから、嫌だと思いながらすることは
あまり無い。

だから、言葉もいつもポジィティブなものに
なってきた

相手が、マイナスな言葉を言っても
「ええ〜そうなの〜」って
(笑)飛ばす(笑)

「そうなんだ〜」って、
これでいいんです(笑)

「ローラでえす。」たこ焼き〜

みたいな〜(笑)

あは!

じゃ!

人に「信じられない」と言われる言動

眼鏡二階から持ってきましたあ(笑)。

ブルーライト眼鏡。

つけて、今度は書いて(打っています)。

二階で、いつもの、ある行為をしていると
あるひらめきが、降りてきて「青天の霹靂?」
ヒントになるので、最近では横にノートをおいて
メモっています。

ブログの記事も、さっき2・3ひらめきました。

何も降りてこないときは、たいていブログお休みしています。

降りてくるときは、2・3一気に降りてくるので
一気に書きなぐります(笑)

特に「気付き」は、一瞬のものでしかなく
それを過ぎると、すでに「気付き」は消えて無くなって
いるのですねえ。

過去は、自分で記憶力が良いとごかいしていた
部分があるのですが、それは長く「気付き」でも
なんでも保持することができるのもので。

つまり、頭の中に、長くプールしておけるというか
(それで悩みも長く保持してしまうのだと思うのですが)

どういうことかと言いますと、頭の中に
「文字が見える」、というか、そういう状態でいつも
私の頭の中です。

で、同時に2・3の案件も頭の中に平行で
有る状態なのですよ。

「文字が見える」状態なので、いつも
頭の中は、ごちゃごちゃ。

だから、忘れるということが無いのです。

だから、すぐ取り出せるというか
いつも見えてるのですから取り出せます。

でも、整理はつかないので、話すことは支離滅裂で
誰にも話が伝わらず、「お前の話は主語述語が無い!」
とか「何が言いたいのかわからない!」と言われていました。

だから、たとえば、一週間前の「気付き」も
一年前の「気付き」も、いつも頭の中にある
状態なので、すぐ言えるのです。

だからか?記憶力がいいと、思っていたのかも
しれません。

でも、それは、よくはわからないですが、
今は、「頭の中に何も無い」状態なのですね。

真っ白。

これがふつうなんだ、と人に言われても
皆目、理解がつかめず、え?私おかしくなった。
痴呆症になった!と最初は思いました。

いつも、頭に「文字が見えてないと」不安で
いられませんでした。

で、「必要なときにだけ必要なことが出てくる」
これが普通の人の脳の状態なのらしいです。

とまあ、脳の中身は、人には見えないので
説明してわかるかどうか分からないですが。

今は悩みはすぐ消え、叱られたこともすぐ忘れるから
逆にまた叱られることありますが・・・。

叱られたショックや衝激は、痛いから忘れてもいいと
思うのですね。

が、叱られた内容は忘れてはいけないと思うのですよ。

これは、最近の学びからの教訓ですねえ。

で、もしかしたら、私は叱られたほうがいいのかも?
と思うようになり、逆に叱ってもらおうと
わざと、恥の部分を暴露しようか?と、
もそっと考えたりして(笑)

とまあ、いろんなことを考える私なんで
友人からも「いろいろ考えてるってわかります」
と言われます。

そんな私が、「記憶ができにくい」「本当に間違いが多い」
ということが人には理解できないらしく、
「え?だってよく考えてるじゃないですかあ、普段から」
と言われたりします。

考えることと、記憶の部分の脳は違うと思うのですよねえ。

違くないですか?

と問いかけてみたりして・・。

「●●ができる私」が「●●はできない」ということが
どうも一致しないようなのですよねえ。

人には。

理解しがたいようです。

「信じられない」と言われたりします。

たとえば、ホームページにも
しょっちゅう、片付けできないことや
愛犬の夕飯まで忘れて、「今日は忘れた〜」とか
書いているのに「信じられない」「本当ですか?」
と言われたりします。

そんな、私なんですよ。

とまあ、長くなるので、また一旦おきます。

自己効力感の勉強

しょうもないことですが、
二階へあることをしに行き、
戻ってくるときに、いつも忘れる
あることがあります。

その場合、どうも、ほかのこと
(洋服などの着替えを手に持ち)
すでにそのときは部屋を隣に移動していて
忘れていますが(笑)、
降りてきて、「忘れた〜!」と言う。

毎回、このパターン。

で、何を忘れるかと言いますと、
「メガネ」なのです。

はい。

で、私は「目がさほど悪いわけではなく」
(たぶん、ここが一つの問題点)なのだと思うのですが、
二階で、ある文字を見る際に、コトリ!と
眼鏡をはずすのですね。

で、帰りにぜったい、眼鏡をかけて降りるぞ!
と、そのときまでは覚えている。

が、しかし、ある行為が終わるころには
すでに忘却のかなた。

「終わった〜」ということで
一目散に、階下へ降りようとする。

で、動きだしたころには、メガネはかけていない。

ということで、二階に、メガネが溜まっていきます(笑)

といっても、2個しか現在、メガネを持っていないので、
大量に溜まることは無いのですが。

その眼鏡も、だて眼鏡なんですねえ。

だから、無くてもよさそうなものですが、
一つはブルーライト眼鏡です。

このパソコンを打つときに使います。

今二階に置いてきたものだから、無しで打っています(笑)

携帯やテレビ見るときも、いつも
そのブルーライト眼鏡つけてます。

面倒で、近くのスーパー歩いていくときも
その眼鏡つけてたりします。

散歩のときも。

表示でもしてないかぎり、私のかけている
眼鏡が、ブルーライト眼鏡だとは誰もわからない
だろうし、わかったところで、たいした問題では
ないし・・。

で、なに?

て、感じだろうし・・。

でも、こんな些細な出来事も、毎回だと
いかに、自分がアホ?なのか?

そのアホさ加減に、もうかなり磨きがかかっていて、
主人には、「それはバカと言うのだ!」と
いちいち言われるしまつで・・。

が、自分をバカよばわりしていると、
さすがの私も落ち込む、し、かなりこの
状態で、自己価値レベル低いし
友人には「バカだから」という理由で
逃げると、叱られるし・・

う〜む、わりとむつかしいかったのですよお。

実を言いますと、この問題も。

で、わりと克服できていますが。

で、やはり、事実上「アホなのか?」と
思われる言動は、連発していますが・・。

自己価値だけは下げない努力はしています。

はい。

友人には、「自己効力感」というのは
教わりましたし、それ関連のことも今
少し学び中です。

あ、その前に、「自己肯定感」についての
本読んでますが。

友人には、「いらんことせんでええ」と
もしかしたら言われるかな?

「自己効力感」だけ勉強すればいいのかな?

果たして・・。

とまあ、多少、あやふやながらも、自分なりに
勉強していってますう。

ほいでは〜。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。