2015年12月16日

「飽きる脳」ルーティンが苦手が、ルーティンが助けに!

気分屋で、超飽きっぽい私は、「同じことをするのが嫌い」
なので、「毎日同じ時間に同じにタイムカード押し」
のような仕事が、実は苦手です。

それに気づいたのは、結婚して仕事に就いて
(31歳ころかな?5年間専業主婦をしてから
祖母が亡くなったことをきっかけに仕事を
始めたら今度は仕事人生になった)。

まず、今までに3年以上続いた仕事って無いのですが
(自慢にもならないですが)、だいたい3年がめどで
飽きて、その仕事に見切りをつける。

だいたい、ルーティンが嫌いだから
同じレジ打ち3年もやってられない。
同じケーキ作り3年もやってられない。
同じガソリン入れてられない←違う種類なら
いいのか?て、そういう意味じゃない。。

つまり、なんでも、物事に飽きるのだ。

この飽きっぽいことは、すでに子供のころから
発生していて、洋服に飽きる、部屋の模様変えは
しょっちゅうする。

思春期を過ぎると、ヘアースタイルに飽きる。
ころころ変える。

だいたいが、長続きしない。

たとえば、年賀状。

これに、ある年は、50枚以上あったと思われる
友人の年賀状に、全部違う絵を描いて言葉も
全部違えて送った。

その年賀状を書いているそばで母が見て
「みんな違う人なんだからなんでそんなに
全部違うように書く必要ないじゃない?」と
言った。

ところが違うのだ。

そこが私のこだわりでもあり、また
飽きっぽい性格の私は、同じことを書いていたら
描いていたら、つまらないのだ。

飽きるのだ。

同じ作業がつまりすごく苦手。

だから、一度就いた職を20年、30年と
続けられるという感覚がわからない。

だから自営業なら、その店を建ててまで
自営業、しないだろうな、思うし、
(続かないでつぶしたら申し訳ない)、
やるんだったら、私の場合、
途中で変更前提としてやる。

だから、もちろん、その店をつぶすつもりでやる(笑)。

昔は、主人が「一度決めたことを変えること」
を、すごく嫌い、が、私はその考えが
すごく嫌いで、ものすごく怖くて、
その考え方が。

だって、最初に決めたことに絶対的に
変えてはならない、そのまま進め
と言われたら、気持ちが変わったら
どうするの?て聞きたい。

最近では変更可能になってきたが、
それも私がイレギュラーな人で
ことごとくやりだしたことを変更する人
なんで、それについていっている主人としては
「またかよ〜おい」ということで
翻弄されて(笑)

で、この人は変更有りな人だな
と思ったかどうか?

「最初に言え」て、その最初て何?
みたいな人で(笑)

「おまえのは変更しすぎだ」とか言われて(笑)

「気持ち変わりすぎ」言われて(笑)

で、「ルーティンが苦手」という話をしたのですが、
今は、この「ルーティン」に助けられている部分もあり、
たとえば、「同じ時間」というわけにはいかないけど
だいたい同じ時間に、シャワーを浴び、着替えて
ヘアーを整え、化粧をして、いつものネックレスをして
いつものピアスをして、ということができるようになり。

それって、イチローがいつも「朝カレー」で元気づけるのと
似てる?て思って。

イチローの「毎日素振り100回?1000回」とかと似てる?
とか。

つまり、自分にとってのジンクス的なものを
毎日繰り返す作業が「強み」にもなる的なあ。

この癖は、長年つかなかったのですよねえ、
長年生きてきて。

だいたい、アクセサリーもいつも飽きるから
毎回違うのをして、飽きたらまた買ってとかして。

それでだいたい散財したようなもので。

洋服も同じ。

「飽きる」これが私の散財の原因の大きな要因です。

「物にも飽きる」し「物事にも飽きる

「人間に飽きる」ということはほぼ無いようなのですが。

これは自分が変わりさえすれば飽きることはないだろうし。

今は毎日変わっていく自分を感じながら
毎日違う風景を(同じものを見ても)感じるので
毎日飽きないです。

楽しい。

今のスピード時代も、自分には楽しいですねえ。

スピードもともと速いし。自分。

でも、のんきなの。

アンビバレンツ。

ではあ。

「自虐的妄想」「天国と地獄」の落差・統合失調症の世界

私は、潜在的に、ものすごくダークなもの、
ダークな考えを持っているのを知っています。

それは、ネガティブを通り越した、先にある
超越した恐ろしさにも似ていて、
それが、「八百屋お七」を思わせる世界のような
または、「アンネの日記」のアンネの、最後の
結末のような・・。

そんな怖さを、恐怖を含んでいます。

昨日も、とある場所へ行き、帰りがけに
線路を踏み越えた先に、車を走らせたとき
そこを過ぎたとき、恐ろしい妄想に襲われました。

こういうときは、一瞬にしてやってきます。

ここには書けないような、恐ろしい妄想です。

自虐的妄想とも言えるのですが、自分をそういう
状況に妄想して、私は一体何を得たいのだろう?
といぶかるようなものです。

それから、昨夜の夜更けにも、愛犬、up!が
ご飯を食べないでいたら、今朝も食べなかったので
お腹が、ペタンコになり、また一瞬で、
自分が、病状がひどくて、ご飯を食べようとしなかった
ときのことを思い出し、ひどく恐ろしい恐怖体験を
思い出してしまった。

そのときの私も、やつれて、ガリガリでした。

精神的な状況で、ご飯を食べられない状態は
まさに恐怖で、それが夜更けだと背中に旋律が
走ります。

それに加え、孤独であれば、2重、3重をもの
苦しみです。

その自分が陥った心理と、父の最後に
ご飯が食べられなかった心理を重ね合わせて
何度も想像してしまう。

相手が苦しければ苦しいほど、
それを自分に重ね合わせて、イメージしてしまう。

また、私の陥ったその心理とはまた
違った、想像もできないきっと苦しみだったのだと
私は思います。

何度も言うように、それを想像したところで
一体、自分に何のメリットがあるのだ?
と問われたとしても、ほとんど自動思考的に
想像、妄想して、それが強力すぎて、
とめることがほとんどできないでいます。

が、それとは真逆に、いかにも夢心地に
浸ることもします。

それが、両極端な揺れ幅で、「天国と地獄」の
ように、やってくる。

世界が展開する、というのが
統合失調症の持つ、世界観なのかなあ、
て、自分では思っています。

それが私の持つ世界観なので。

昨日の線路での妄想がきっかけで
この記事を書くことにしました。

自分でも、克服できるものならしたいと
思っている部分なので。

「嫌な言葉」「死ね」とかは、
最近はあまり意識しないからか
「やることがどんどんあるからか」
「楽しいからか」
あまりその言葉自体に、執着しなくなったというか
あまり考えないですねえ。

だから、いつか、その恐ろしい妄想、
自虐的妄想も、知らない間に消えてたよ、
となるのかも?
と思ったりも、かすかにしたり・・。

昨日、腰痛の痛みを感じるのも
「脳の癖」みたいなことをテレビでやっていたので
なんとなく私のも「脳の癖」なのかなあ、
て思いました。

不安や、「また来るかも?」みたいな
恐怖感て。

その腰痛を克服するのに、なんと
「犬を飼う」ということが挙げられていたので、
「え!?」て思わず、絶句して
(笑)が出てきてうれしかった。

うちはすでに2匹、犬を飼っているから。

そして、主人が腰痛持ちで、
これはトライするチャンスだ

と思ったものです。

さらに、これが実績となればまた
世の中に発表して、貢献できるな

と思ったものです。

すでに主人は、毎週末、落ち葉拾いや
洗車や、どんどんしてくれていて、
動きまわってますが、最近は、
あまり「腰が痛い」と言わない気がします。

昨夜も、そう主人にLINEしたら、
「マルタとup!(愛犬)に助けてもらおう!」
とLINEがきました。

「そうだね。私も良くなることを思っています」
とLINE返しました。

犬を飼いだした奥さんは、旦那さんからの
犬はプレゼントで、犬と散歩にいったり
しているうちに、動きだし、やっているうちに
「腰の痛みが気にならなくなり治ってしまった」
というものでした。

これから、また楽しみができました。

ほんと!楽しみです。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。