2016年01月19日

「心豊かに」毎日が送れたらそれが幸せ

昨日、かなり茫漠になるくらいのストレスが
発生して、どうしてもいられなかったので
掃除そっちのけで、今日は、美術展にいきました

一般の方の陶芸や、写真、絵画などだったのだが。

いってみて、やはり「ミレー」や「モネ」などを
観たいなと思った

今度、いこう。東京に。

帰りに、有名な人の絵画の気に入ったポストカードを
購入してかえった。

まあ、私が購入できるといったら、せいぜいその程度だ。

が、昨年のニキド・サンファルからきているのか?
芸術作品が時に観たくなる

観ていると、その絵画展におもむいたというだけで
満足感が起こるようになってきた

近くのカフェに入りたかったが、車を
あまり長く駐車できない場所に駐車していたので
足早に、駐車場まで戻り、また車を走らせた。

今度は、ユーワールドに入り、癒す気でいた

が、なにを思ったか、方向がまったく違う
方向向いて走りだしてしまった。

まあ、いっか←いつものこと。

と思い、目的地を変更して、離れた場所の
とあるデパートへ寄り、ランチをして帰った。

そこでは、コーヒーも試飲しながら
ペパーミントココアなどを購入して
帰った

いろいろ観ていると楽しくって
もっと観ていたいのだが、その後の
カーポートの工事の方が我が家に見えることに
なっていたので、また足早に帰宅した。

おかげで、リフレッシュできた

一年間引きこもりをすることになったときほど
酷い落ち込みようではなかったが、
(それでもかなりなショウげきで、頭の中が
崩壊するような思いがした。ある言葉で)

が、そういうきつい言葉に慣れてきているとも
とれる。

このくらいの対処で立ち直れるのだったら。

自分の耐性力に感謝するものだ。

人は人生の中で、時として、立ち直れないほどの
ショウげきを感じるときがあると思う。

そうなったとしても、立ち直る術を身に着けて
おきたいものだ、とこのことからも思った。

大きな失敗は痛いが、小出しに失敗して
それを克復したなら、また力に代わるし、
私はそれでいいんではないかと思っている。

むしろ、失敗の無い人生のほうが怖い。

あとで、何が起こるかしれないからだ。

何度も失敗を繰り返し、そのたびに乗り越えた人
というのは、やはりどこか強いものを持っている。

私は、根本的に弱いが、それでも耐性はついて
きている。

今回のことで、新たな決意も生まれた。

本気で、仕事、とうか、仕事しないなりにも
ほかの方法でいくらでもお金が入ってくることを
証明したいと考えるようになった。

「楽してお金が手に入る」なんて
みな、考えもしないと思う。

が、お金が手に入る方法は、何も働くだけが
お金が手に入る方法だけではない。

それには「楽に楽しく」いつもしていることだ。

あとは身に着けたものを、いつも発揮していればいい。

生活の中で、社会の中で。

認められることも、期待したりされたりすることも
しない。

特に、それらを気にかけないで、自分のやりたいことを
やって人に喜んでもらえていたならそれでいいと思う。

それで、うまくまわっていくのだし。

いつ、お金が入ってくるとかも考えない。

入ってきてもいいし、入ってこなくても、
どちらでもいい。

そんなスタンスでいること。

それで、特に困ることもないし、
悲劇的になればなるほど、みんないろんなものが
自分から逃げていくから、そんな風には思わない。

幸せはお金だけじゃないし。

心豊かに毎日送れたら、それが幸せ。

と思う。

2016年01月17日

「パターン崩し」をすると人が許せるようになる

「パターン崩し」最近やっていってます。

いろいろ経験していってます。

先日は、酔って友人に電話しました(笑)

別の友人にも、酔ってLINEで
ワガママ言いました(笑)

それから、まだ知り合って間もない人に
車で迎えにきてもらおうとしました。

今日は、ご近所の奥さんと、予科練へいき
散歩コースを歩き、愛犬マルタやUP!を
あずけて、お願いして、トイレにいきました。

up!を、抱っこもしてもらいました。

そういう風に、いろいろ、周りの人に
してもらうことで、だんだん「自分が
許されていく感覚」を覚えます。

それから、今日、午後から、宇都宮の
友人のところまで行こうと計画を立て。

それには、マルタとUP!を、
カゴに入れ、小旅行をする気でいた。
電車で。

実行ならずだったが、頭の中で
シュミレーションしただけでも
実行した気分になれたし、
up!のほうは、電車無理だという気持ちが
「やればできるかも?」という気持ちに
変わった。

カゴに入れて、二匹を同じカゴに
廊下に放置しておいてみたら
二匹ともおとなしくしていた。

なんだか大丈夫な気がしてきた。

今度、2駅くらいだけでも
乗ってみよ〜。

マルタのときも、そうやって徐々に
慣らしていって、愛媛の実家まで
帰ることができた。

それに、お兄ちゃんのマルタと一緒なら
up!も吠えない気がする。

旅行も考えたが、そのまえに
マルタとup!を連れて、電車の旅と
いきますかあ!

ルン(^^♪

ということで、「パターンを崩す」と
許せるようになる、という、今日はお話でした。

2016年01月16日

「依存症」はダメ人間ではない!

自分の信念なんてものも、簡単に
崩れるものなのかもしれないと
思うことが起きて、それは、
止めていた、お酒が、また始まったこと。
といっても、以前のように、「酔うために」
飲んでいるのではないし、楽しいお酒だし
止めようと思えば、今はいつでも止められる。

以前も、楽しいことは楽しかったのだが、
依存度で言えば、以前のほうが酷く。

それに、「アルコール」というもの
事態に、麻薬効果があるから、
その物質そのものが、それらの要素を
持ったものだからして、それを口にする
ことで、「人間を変容してしまう」
ことは、いくらでもできるのだ。

それに、アルコールは肝臓を痛める。

肝臓は、「沈黙の臓器」と言われていて
肝臓が悪くても、痛みも何もないから
だからこそ、怖い。

アルコールは、長年飲んできたなら
そのぶん、体に体積されて、
アルコールは体から抜け切れてない
らしく、何かに書かれてあった。

ずっと積み重なっていくらしい。

依存度は高いものと思われる。

ある意味、人間を「ダメにしてしまう」
ものでもある。

この「アルコール」については
「アルコール依存症」というのがあるが、
わりに、アルコール人口は多いように感じる。

アルコールが一般市民の間に広まった
時期から、アルコール依存症が発生したらしく
それまでは、アルコール依存症という病気は
無かったようだ。

アルコールは昔は、高価なものだったから
一般市民には手にとどかなかった。

が、安価な、お酒が手に入るようになり、
同時に、冷蔵庫も普及しだしたから。

それに、高度成長期に合わせて
アルコールが一般化していったのには
理由があり、「厳しい労働」の癒し
アルコールは使われたようだ。

ゆえに、アルコールがあるから
厳しい労働もできたと言えるし
さらに、アルコールにのめりこむことになる。

だから、それらの人はアルコール依存症になった。

そして、アルコール依存症の親から
生まれたのが「アダルトチルドレン」となった
という事実を、ある『依存症』という本で知った。

だいたいが、調べると、アダルトチルドレンの親には
アルコール依存症の親がいた、と言われているが、
そうでないケースも、中にはあるかもしれない。

ゆえに、高度経済成長がなければ、
アルコール依存症も発症しなかったし、
アルコール依存症が無ければ、
アダルトチルドレンも生まれなかったということになる。

やはり、思ったとおり、社会の傷跡は
家庭にもおよび、今も、その後遺症を残していると
いうことになる。

が、アルコール依存症、あるいは依存症になるような
人は、一番、社会に適応してきた人と言えると
その本にはあった。

順応性が高かったのかもしれない。

世の中では、依存症の人は、「ダメな人」という
レッテルを貼られているが、そうではないと
いうことを、その『依存症』という本には
書かれてあった。

むしろ、『依存症』は、進化の過程で
より社会に適応してきた人であり
彼らが、ここを乗り越えた先に、
進化の過程がある、とのような下りに
感動してしまった。

依存症は、ただの「ダメ人間」などではないのだ。

今の世の中は、「物がありあまるほどありながら」
「自制を迫られる」世のなかであり、
その中、自分をコントロールできる人間が
素晴らしいとされている、大変に、難しい時代なのだ。

人間は、目の前に「食べ物」や「飲み物」「物」
をちらつかされて、それを欲しないということは
できなのが人間だ。

煩悩があるから。

ならば、非常に厳しい試練をつかわされている
と言えるかもしれない。

それに加え、非常に大量の情報の流出する中
「選択」を迫られる、むつかしい判断力も強いられる。

これから、ますます、情報が数々有る中
そして、新技術、新商品の出回る中
えりすぐりの選択をしながら生きていかなければ
ならなくなることだろう。

その選択眼も、すべて自分に任されるとなれば
自分自身の選択眼を鍛えていかなければならない。

考えている暇も無いスピード時代だ。

これからは、ますますの、超速の時代となることだろう。

世のなかの進化が止まらない限り。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。