2016年01月05日

「基本は遊び心」

そんなん。遊び心でええんですよ〜。

とまたあ、ぶったまげた出だしにして
みましたがあ(笑)。

なんでもそうです。

「遊びごと」です。

そんなん、仕事真剣にしている人に
言ったら、頭はちまわされそうですが(笑)。

つまりは「遊び心で真剣に仕事する」でいいのです。

ちなみに、「深刻に」ではなく、
あくまで「真剣に」ですよ。

すべてのことは、「遊び」になれば
人生は、すべて楽しい。

私は、こう考える人間です。

今では、「やりたくないこと」は、
ほとんど無くて、「やると楽しい」ことばかり。

だから、毎日が楽しい。

以前は、嫌だったことも、一つ一つ克服して
きているし、特に嫌だと思うことはありません。

人生が苦しかったときは「嫌なこと」が
た〜くさんありました。

自分の人生において。

「苦手なこと」が。

が、人も物も受け入れるようになり
「嫌だと思わず物事をするようになり」
「人ともオープンに接するようになり」

苦手な人も、苦手なことも、
特には、今身の回りには、思い当たるものが
無く、すべてが楽しいことになりました。

まさに、自分の理想としていたところです。

人生がそうなればいいな〜。

そうなるような気がする〜みたいな
意識は、いつもどこかにありました。

今から思えば。

ダークな中にも(笑)。

だって、自分が望まないことは
まず起こらないでしょう?

望まないから起こらないのに
誰かのせいに、何かのせいにして
いたりするんです。

だって、人生は「望みどおり」
なのですもの。

「嫌な上司といつも会って嫌だなあ」
はい。お望みどおり。
毎日、その上司と顔を合わせることになります。

「あんな人いなければいいのに。」

はい、逆に、あなたが抹殺されます(笑)。

では、そんなこと思ってない。

本当の望みはそんなのではない!

と言われる方に、では、どうすれば
本当の望みが叶うのか?お教えしますと、
先に言ったように「それを望めばいいのです」

お金が欲しければ「お金もちは、悪徳だ」
とか思わずに「お金は汚いものだ」などと
思わずに「お金が欲しい」と素直に思えばいいのです。

そう思えば、手に入るか?というと
それは違って、やはり「それなりの行動」
がついてこないと、お金はそうそう手に入る
ものではないですが。

「心でまず思うこと」
これが何よりも先です。

まず、思わないことには、まず望まないことには
「それは」あなたのところには、一生やってこない
でしょう。

「いらない」と言う人に「あげる」人もいないし、
「望まない」のに「与えられる」ことも無いです。

「物欲しそうに見えるんじゃないか?」なんて
心配する前に「素直」に、「これ欲しい」て
言えば良いじゃないですか。

案外、簡単に、くれるかもしれないですよ。

子供は、なんも考えずに「欲しい」と言います。

欲望に忠実です。

が、だからこそ、望みが叶えられるのです。

その天真爛漫さで「これ欲しい」
「これ買って」と言うと、大人は
ホイホイ、買ってやるでしょう。

大人でも、そのまんまの「素直さ」で
「これが欲しい」「これが望みだ」
そう素直に人に言えてる人は
その望みを手に入れているはずです。

周りを見渡してみれば、例題はいくらでも
ころがっているはず。

例えば芸能人。

気軽に飲み屋に言って、話しているうちに
時計もらったとか、ダイヤモンドの指輪もらったとか
嘘みたいな話が、転がっていたりします。

そのときは、たぶん話している人も
「何の気は無しに話していたのだと思いますよ」

そこに、よけいな、心配や、囚われが
無いから、気軽に言うから、気軽にプレゼントしてくれる。

そんなもんです。

人って。

案外。

ただ、そういう人は、普段から、
人にもよくプレゼントしてたりします。

自分だけがもらおう、と考えていたら
逆にもらえませんね。

「与えるから得られる」

これは「自利利他」。

人にとって良いことをする行い
自体が自分の幸せ(幸福)になること。

この発想は、ビジネスでも
普通にあることです。

この「自利利他」を心がけている
から経営も成り立つというものですね。

個人も、これを心がけていきたいものです。

きっと、幸せになれますよ。






「男性性・女性性」は大切だろうか?

ちょっと、男性性、女性性について
話したいと思います。

今の世の中、割と、男性、女性の役目も
どちらともなくするようになり、
中性性が、めだってきていますが。

世界的には、テレビを観ていたら、
「自分が男性か女性かどちらかわからなくなり
中性を選んだ」つまり、男性でも女性でも無い性、
という方法を選んだとの事件があり、
その方、つまり(人間)が、映し出されていましたが、
それはどうかなあ、と思うものでしたが。

どっちでもいいから、どっちかに決めなよ!

と思うものですが。

まったく、ややこしい。

こうして、人類も進化を遂げて、
宇宙人的人間が発生していくのだろうか?

が、私は、女性は女性の役割、男性は男性の役割と
分かれていたほうが、争いはあるにしても(笑)
わかりやすいし、やりやすいと思うのだが。
(困難、苦難はあるにせよ)。

だって、中性になったらなったで
また困難が待ち受けてそうだし・・。

男性、女性うんぬんの差別で、争っている
時代でも、もう無いと思うのだが・・。

だからこその、中性化?なのだろうか?

ある意味、ちゃぶ台ひっくり返す
星一徹(巨人の星の星ひゅーまの、父ちゃん)のような
タイプは、いたら、今時珍しいのだろうが・・。

それをも経て、もっと言うなら戦国時代も経て、
「斬ってくれるわ!」の時代も経て、
この進化の時代、
今、生き残りをかけて、中性となったのかもしれないし。

あ、その話は、さて置いて、
本題に入りますと←これから本題かい!?

はい。

本題に入りますと。

加藤諦三さんの本に、「良い子は、去勢されている」という
課題がありまして。

それが気になってたのですよねえ。

確かに。

「エロイ」テレビ番組を、シュミーズ←当時は下着の
ことをこう言った。

そのシュミーズの状態で、(うちはみんなでこの格好〜
どっか〜ん(笑)父親は、前身裸で腹に腹巻という奇妙な格好(笑))
夏場なんかアイス食べながら
家族全員畳の部屋で総動員で、「エロイ」番組を
観るときの、あの気まずさ、ったら無い。

だったら、観なきゃいいのですが(笑)

いやあ、たまあに、ひょい、と出てくるんですよねえ。

観てるドラマの中に。

ちょいと。

生理用品のCMなんかも、今ものごっつーリアルやなあ
思うものありますが、それは、それで、さらっと言ったら
ええいうもんかい?とも思いますが・・。

そこらあたりで、過去からの伝統、「楚々とした」とか
「奥ゆかしさ」みたいなものが失われていく
崩壊していく悲しさ、みたいなものを、私は
案外、古風なものも持っているので、感じるのですが。

その生理用品のCMなんかも昔は
父や弟と一緒に観るときの、あの気まずい感覚。

なんとも言えないものがありました。。

そこは一応は「女」なんだろうと思うのですが、
こと、それら「エッチ関係」の話題は、
我が家ではタブーというのが、なんとなく
漂っているのを、私も弟も感じるものでしたねえ。

だからそれらは禁句、というか。

言わなかったですねえ。

一切。

ほとんど。

言うと、父が制したり。

母だけは、けっこう、なんでもはっきり物いう人なんで
けっこう、一人で、言ってましたが(笑)。

みんな聞いてて、し〜ん。みたいなあ(笑)

周りじゅう、そんな雰囲気で。

性教育も、まったく無かったですねえ。

小学校5年のときに、なんだか知らないが
突然、少年自然の家に行く前に、女子だけが
放課後集められて、男子が「なんだ?なんだ?」
て。

「なんで、女子だけが集められるんだ?」
「密会」の模様を、外でうかがっていた
男子がいたかどうか?(笑)

知らないですが、なんだか知らないが
(秘密めいた、謎めいた、大人と女子との
やり取りに)異質なものを感じていたのは
間違いないと思います。

はい。

あれだけですねえ。

特に、性教育らしい性教育というものは無く、
私が感じた性教育は。

大人も、当時はうまく話せなくて
子供に、それらを、なんと話していいのか?
わからなかったのでしょうね〜。

今の現状はどうなのか?
わかりませんが。

話が、一般的な話になりましたが、
加藤諦三さんの言で言いますと、
「良い子は去勢されている」というのは
その話を、知った時、「ああ、そうね、確かに」
と、私も思い当たるふしがあり、うなずきました。

男、女である前に「人間としてどうあるべきか」
ということを、私も幼いころ、思ってましたし。

かくあるべき、みたいなあ(笑)

めっちゃ、頭かたいですよお。

ガキなのに(笑)

論理的では当時はなかったですが、
論じそうな勢いではありました。

当時から(笑)

感想文書かせたら、クラスの誰よりも
とにかく多量に文章を、書き殴る人でした(笑)

それとは論ずるとは、また別かもしれませんが。

エネルギーを放出する、矛先がわからず
もだえてました。とにかく。。

とにかく好きなことでは認めてもらえず
否定ばかりされ、「ヤケクソ」でしたねえ。

とにかく、私の青春期は(笑)

グレずに、病気になりました。

どちらか、らしいですねえ。

問題のある家族の子供は。

「不良になるか、病気になるか」

究極の二者選択ですわ〜。

子供にとっては。

これも、ダブルバインド的です。

まさに。

とまあ、家族をも含めた露見になるので
どうかなあ、とも思いつつ、私は露出狂のドMな女
で通ってますので(笑)

そのあたりも、「有無を言わせぬ」豊臣秀吉の
血も、持ち合わせているのか?

どこか、そんな強硬な部分も持ち合わせていたりします。

が、そんな自分の「怖い」部分も本能的ににか
知っていたので、その自分の「怖い部分が」実は
「怖かったのです」。

だから、人知れず、それを抑えていました。

その性質は、良いように使われれば「すごく生えますが」
悪いようにいったん使われはじめたら、破滅へと
向かう、恐ろしい能力です。

自分の持っている部分、人間の持っている部分に
良いも悪いも無いのだと思います。実は。

ようは、「それをどう使うか」だけなのだと
私は考えます。

知能も、悪用すれば、ハイテクを駆使してまで
オレオレ詐欺とかする人もいれば、
世の中の人のために、人命救済に、自らの命を
投げ出す尊い人もいます。

できれば、犠牲者は出したくないですが。

宿命の悲しさも、たくさん観てきたはず。

私たちは。

今、何をすべきか、一人一人が考えて
生きるときにきていると思います。

そんな「時」に、今、私たちは「この場」に
生を受けている、という自覚を、私自身は
忘れないで生きていたいと思います。

良き、2016年であることを念じております。

「立派な外交官になってください!」出逢い・ベトナムの青年

昨年末あたりに、私はある精神疾患を克服するため
芸術家を目指した、志したアーティスト、
「ニキド・サンファル」の展覧会を観に
六本木の、新国立美術館へとおもむいていました。

作風は「派手」と一言で言ってしまうには
あまりにも、卓越した、色彩感覚、女性的で
思いにあふれた感性に、また社会的な示唆や
男性にも、女性にたいしても示唆するような
表現力の素晴らしさに、今も胸によみがえる作品でした。

昨年末少し前に、主人との大きなケンカもあり、
それは生活費に関したケンカだったので
「ニキド・サンファル」の展覧会も
一度は諦めたものだったのですが、
思い起こして、やはり行こうと決めて
今は、「行ってよかった」と心から思っています。

そう思えた、ことに、ある一つの出来事が
帰宅途中で、起こりました。

それは、誰もいない駅のホームで(ローカル線、
だったからか?常磐線で)、夜更けだし・・・。

(今調べたが、常磐線はローカル線ではなく
幹線だそう。)

(北へいくほどにはローカル線と言えると・・。)

少し離れた場所から、トコトコと歩いてきた、
一人の青年に声をかけられ、話していて
(単に、「この次の電車どこいきますか?」
だったのだが。)
(その駅のプラットホームには、二人だけが
取り残されたような感じだった)
気づいたのだが、その青年は、どうも日本人で
無いらしく。。

話している途中で「あなた日本人ではないの?」と
聞くと、「はい。ベトナム」と言う。

はあ、ベトナム人。。

(私、ベトナム人の青年に声かけられたのね)

年齢は23歳。

(若い!)

(超、笑顔かわいいし、さわやか!)

(けっこう、イケメン!)

と、私の脳内がさわぐ・・。

一度、自分スタンバッテいた、場所(駅のプラットホームに)
戻ったのだが、何を思ったか←この女(私のこと)。

自分のホームページを開いて見せにいった。

(いや、いや、やましい魂胆は無いのですよお)。

「これ!あなた?」と青年。

「そう」と私。

で、そこから話が盛り上がり、
同じ電車に乗り、同じ帰り道で、途中まで
一緒に、電車の中で話していた。
(帰り方向が途中まで一緒だったから)

その、「盛り上がりな」会話の状態に
周りも「異様な?」目でこちらを見ていて(笑)

だいたい、会話の内容が、
「料理何が好きですか?」
「料理、自分でしますか?」
とか、「兄弟は何人いますか?」
とか「手紙書けますか?」
「ひらがなは?」とかだから。

まったく初歩的な、やりとり、というか・・。

学校の先生と、小学生のようなやりとり(笑)

で、おまけに、二人とも、トンチンカンなものだから
周りが、注目〜

で、電車の乗り方のわからないベトナム人と
まともにローカル線も乗れない女が二人・・。
(常磐線はローカル線ではないらしいが・・。)

一応は日本人のはしくれとして、
代表として、ベトナム人に教えねば!
と思い、電車の乗り方を教えているのですがね。。

で、あやうく、彼を、とある駅に、置き去りにするところを
周りの、お客さんが見かねて降り際に、
「この電車、前の10番に乗れば、●●駅まで
乗せてってくれるから」
「次の駅で、前に移りな」と、
ご親切に教えてくださり、
「ありがとうございます

と、いやあ、世の中の人も捨てたもんじゃないわよ。

と思えた瞬間でした

まず、おバカな二人の電車での会話が
妙なのもあるが・・。

それに、気をひかれたか?

むむ?

が、彼は実は私と違い、「おバカではなかった!」

彼が目指していたのは、なんと「外交官

最初聞いたとき、ドびっくりした。

「外交官!?」

とりあえず驚いたけど、私「外交官の意味すら
知らない」と、脳内で思いながら、とりあえず
すごいんだろうな〜くらいは思い。。

(今調べたが、外交官て、世界平和のために
働く、だそうで)

すんごい仕事だなあ。。

(あと、開発途上国の支援とか)

これもある意味、世界平和だよなあ。。

と、駅のホームで出会った青年は
その外交官目指して、日本に留学、
6か月が経過したあたりでした。

日本語は、わからない言葉もまだあるようで、
勉強中だと言っていた。
私が、「あなたは素直」と思ったまんまを
言うと「素直?」わからないようで。
(面白い・・新鮮やわ〜・・脳内が言う)

が、すごいのは、一人で日本に来て、
一人で暮らし、自炊も、毎日していると聞いて
驚き、「日本人の青年、自炊しない!」
そして二人で目を合わせて「コンビニ!」(笑)
と同時に言った。

とても楽しかった。

個人情報になってしまうが、
友人は数人、ベトナム人の友人がいるようで
そのときも、友人のところへ遊びに行った帰りだったらしい。

しかし、電車の乗り方もわからないで
東京まで行くんだ〜すごいなあ。

まあ、私も似たようなもんだが(笑)

「さみしい」と言った彼の言葉が
気になり、また母国に置いてきた
兄弟やお母さんの話を聞くと
胸にこみ上げてくるものがあり(ウルウル)
おばちゃん、涙腺弱いねん・・。

彼に、「私に子供がいたら、あなたくらいの
息子がいたのよ」と言うと、
すぐさま彼は私を「お母さん」と言い、
「お。お母さん?」

(笑)

が、しかし、人懐っこい子やなあ〜。

この人懐っこさで、日本でもやっていけるんやろか??

どうか、悪い人に騙されんといてくれよ、
と念じながら、彼の幸せを心から思いました。

なんもあげるものんが無くて
(おばちゃん根性で)
そのとき持っていた、ニキド・サンファルの
パンフレットをなぜか手渡し、
(しかもそれ、友人に送ると決めてあるパンフレット)
すでに脳内で却下→彼にあげる→この変わり身の早さが
女ね、やはり(笑)

素直な彼も、そんなもんでも
かわいい笑顔を見せてくれて、
またキュートやなあ。

おばちゃん、ずっきゅ〜ん(ハート)

とまあ、冗談ばかり言ってますが。

幸福を渡す立派な外交官になってください

また、どこかで出逢えたら、私も幸せです。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。