2016年01月19日

「心豊かに」毎日が送れたらそれが幸せ

昨日、かなり茫漠になるくらいのストレスが
発生して、どうしてもいられなかったので
掃除そっちのけで、今日は、美術展にいきました

一般の方の陶芸や、写真、絵画などだったのだが。

いってみて、やはり「ミレー」や「モネ」などを
観たいなと思った

今度、いこう。東京に。

帰りに、有名な人の絵画の気に入ったポストカードを
購入してかえった。

まあ、私が購入できるといったら、せいぜいその程度だ。

が、昨年のニキド・サンファルからきているのか?
芸術作品が時に観たくなる

観ていると、その絵画展におもむいたというだけで
満足感が起こるようになってきた

近くのカフェに入りたかったが、車を
あまり長く駐車できない場所に駐車していたので
足早に、駐車場まで戻り、また車を走らせた。

今度は、ユーワールドに入り、癒す気でいた

が、なにを思ったか、方向がまったく違う
方向向いて走りだしてしまった。

まあ、いっか←いつものこと。

と思い、目的地を変更して、離れた場所の
とあるデパートへ寄り、ランチをして帰った。

そこでは、コーヒーも試飲しながら
ペパーミントココアなどを購入して
帰った

いろいろ観ていると楽しくって
もっと観ていたいのだが、その後の
カーポートの工事の方が我が家に見えることに
なっていたので、また足早に帰宅した。

おかげで、リフレッシュできた

一年間引きこもりをすることになったときほど
酷い落ち込みようではなかったが、
(それでもかなりなショウげきで、頭の中が
崩壊するような思いがした。ある言葉で)

が、そういうきつい言葉に慣れてきているとも
とれる。

このくらいの対処で立ち直れるのだったら。

自分の耐性力に感謝するものだ。

人は人生の中で、時として、立ち直れないほどの
ショウげきを感じるときがあると思う。

そうなったとしても、立ち直る術を身に着けて
おきたいものだ、とこのことからも思った。

大きな失敗は痛いが、小出しに失敗して
それを克復したなら、また力に代わるし、
私はそれでいいんではないかと思っている。

むしろ、失敗の無い人生のほうが怖い。

あとで、何が起こるかしれないからだ。

何度も失敗を繰り返し、そのたびに乗り越えた人
というのは、やはりどこか強いものを持っている。

私は、根本的に弱いが、それでも耐性はついて
きている。

今回のことで、新たな決意も生まれた。

本気で、仕事、とうか、仕事しないなりにも
ほかの方法でいくらでもお金が入ってくることを
証明したいと考えるようになった。

「楽してお金が手に入る」なんて
みな、考えもしないと思う。

が、お金が手に入る方法は、何も働くだけが
お金が手に入る方法だけではない。

それには「楽に楽しく」いつもしていることだ。

あとは身に着けたものを、いつも発揮していればいい。

生活の中で、社会の中で。

認められることも、期待したりされたりすることも
しない。

特に、それらを気にかけないで、自分のやりたいことを
やって人に喜んでもらえていたならそれでいいと思う。

それで、うまくまわっていくのだし。

いつ、お金が入ってくるとかも考えない。

入ってきてもいいし、入ってこなくても、
どちらでもいい。

そんなスタンスでいること。

それで、特に困ることもないし、
悲劇的になればなるほど、みんないろんなものが
自分から逃げていくから、そんな風には思わない。

幸せはお金だけじゃないし。

心豊かに毎日送れたら、それが幸せ。

と思う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。