2016年04月01日

みんな私の欲しいものには見向きもしないんだ!!

前記事が、母のことで、思い起こしてしまった。

幼いころから、お金のために働いてきた
父と母。

あるとき、母が弟に「こんなに買ってやってるのに
何が文句あるんだ!!」と言っているのを聴いて
やっぱり、そういう考えだったのか!!

と、母の考え、教育方針が見えた気がして
がっくりと肩を落としたときがあった。

たしかに、父母は、戦後の貧しい暮らしの中
豊かになるために一生懸命に汗水たらして
働いてきた。

けど、私はそんなことより、お父さん、お母さんには
一緒に遊んで欲しかった。

遊んだ経験なんて一度もない。

それに、相談にも乗ってもらいたかったし
話も聴いてもらいたかったし、
ちゃんとした解決方法も欲しかった。

が、それらは全くと言っていいほど
期待はできないのを知っていたから
ああ、うちの親はこうなんだから仕方ない
あきらめて生きるよりほかにないんだ、
と、あきらめの境地で生きてきた。

一人でいつも悩み考えなければならなかった。

子供の悩みなど、全く関心はなかった。

子供というのは、ご飯を与えていれば
学校に入れておけば、それで自分たちは
とにかく朝から晩まで働く。

ただ、それのルーティン。

そんな毎日だった。

これが人生か、と思うとむなしくて
早く人生が終わり、早く歳をとり
おばあさんになり、死ぬのが夢だった。

まさか自分が自殺するはめになるとは
思わなかったが、もしかしたら死ぬかも?
とは思っていた。

そうして、私の望みは、「愛」と「希望」と「夢」
であった。

それらが欲しかった。

そして「心の友」を、心底求めていた。

そうして、「芸術」

それらがあれば良かった。

が、周りの大人たちにとっては
「そんなもの」だった。

むなしかった。

それらが無いなら、私には生きる意味は
なかった。

早く死んだほうが良かった。

なんのために産まれてきたのだろう?
生きているのだろう?

ずっと苦悩してきた。

生きる甲斐を感じなかった。

生きている感覚すらなかった。

指を切れば、血が流れる。

だから、確かに生きているのだろうが、
実感が無いのだ。

生きている感覚てこんな感じじゃないはずだ??

いつも感覚が無くて、おかしかった。

ずっと、本心を、心を奥深く押し込めて生きた
結果、死んでいるように生きていたのかもしれない。

実際、当時の私の顔は青白く、表情が無く
痩せこけて、そんな写真ばかりだ。

そんな私を見て「どこかおかしいのか?
病気か?大丈夫か?」という
気づかいも、親から一度も聞いたことも無い。

そういったことは、いつも無頓着で気づかない親だった。

どこか違う気がする、がどこが違うのか?
わからない。

もやもやしたままときは過ぎた。

20才のとき、統合失調症と診断された。

くるときがきた!と思った。

私はそれである意味、親に復讐を遂げたのかもしれない。

二度と返らない自分の青春を犠牲にしてまで
得たかったものは、何だったのか?

そのとき出た答えは「愛」だと思った。

私は親の愛を獲得するために病気になったのだ。

が、いまだに、獲得できていない、、

が、それは、理想の愛でなくても
また親から与えられなくとも、
自分が自分の親になってやることで
得られたから、それでいいんだ。

そう思っている。

やはり縁がくれば、思い起こしもするし
怒りも出るが。

自分の人生だから、

それに誰に止められることもなく
大人なんだし自由なんだし、
どう生きたって、どっちに転んだって
自分の人生なんだ。

そう開き直れば、さほど怖いことも無い気がする。

そんな感じで。

母のことから、昔話になってしまった。

またあ。

大事にしたいと思う行動をとってよ。

母から、2・3日前から電話がかかってきていたのは
知っていた。

が、出なかった。

タイミング悪く、食事中とか。。いろいろあった。

が、母が電話に出ると、電話口で
「どこか出かけていたのか?」と、
私が出かけていた前提で決めつけて話しする様が
また腹がたつ。

ちょうど虫の居所が悪かった。

母が、私のことだけならともかく
主人は太っているか?と聴いてくるので
むかっ!として「そんなことあんたに
関係ないやろ
と、大きな声で叫んでしまった。

つい、幼いころに、母に叱られたときのまま
戻ってしまう。

何もいえず、ただひたすら耐えたあのころの
自分の怒りが放出してしまう。

やはり縁がくると、縁に触れると
怒りがあらわになり、どなり散らしてしまう。

止められない。

イライラする。

ほかの人や主人になら普通に忍耐できることが
こと母になると、どうしても抑えがきかず
いつもの抑えているものが全部放出してしまうのだ。

親だと言いやすいというのもあるのかもしれない。

親は、子供が何をしようが、縁は切れないからなあ。

それを、安楽椅子に、こしかけているのか?

言いたいことはあっても、
母の一方通行の話に、こちらは言いたいこともいえず
聴いているばかりで、イライラしてくる。

あんたにどれだけ言いたいことがあるか

おかげで、私は、日記に、ブログに
書きなぐり

永遠に書き続けているわよ

まあ、このエネルギーはある意味
あなたが、私を抑圧したから
それで爆発的なエネルギーの放出に今
なっているから、それのおかげもあるけどね。

話通じないのは、本当つらいわよ。

親子らしい会話なんか一度もないわ。

気づかい?思いやり?そんな言葉大人になって
初めて知ったわ。

慰め、という言葉も。

今縁ある人と出逢えなければ
生涯知らないままで生きていたかもしれないわ。

親を大事にしなければならないのは
わかるけど、だったら、大事にしたいと
思う行動をとってよ、て思う。

無理。。。だろうなあ。。。。



食べ物依存とその対策

食事依存になって。

なんとか。。という一つの症状かもしれないが・・。

お腹がすいてないのに、食べてしまう。

さみしい。なんとなく、口に物を運んでしまう
とうのもあるかもしれない。

食べることが、一番早く幸福感を得られるし。

インターネットで調べると、
ストレスがあると、味の濃いものや
脂っこいもの?を選びがちだとか・・。

甘いものもそうかな?

あと、睡眠が良くないと、食欲を減退させる
ホルモンが減り、食欲を増進させる
ホルモンが増えるとか・。

もしか?それが原因かも?

私は少ないときでは、3時間くらいしか寝ない。

でも、昼寝だと得に感じるが、
目が覚める間際に、ぐ〜んと、疲れがとれる
感覚がするのだ。

だから、疲れはとれていると思っているのだが。

昼間は、なんなく元気に過ごせるし。

それでも疲れが溜まっているのかなあ?

食事をとることでストレスを解消しないほうが
いいらしい。

何か別のものに夢中になるとか。

なんだかなれないのだよなあ。

音楽を聴いたり、はしているが。

運動もすればいいのだろうが。

スイミングは定期的に通おうとは思っている。

一人だと続かないかな??

夕方ころから眠くなり、寝てしまうのは
いただけないなあ。

癖がついている。

すると、一番大事な、ゴールデンタイムに
睡眠をとれない。

夜中に、お風呂に入り、ようやく3時くらいに
眠りにつく感じだ。

気まますぎるのがいけないのだろうか??

仕事を持つか?

以前から考えているのが、パソコンの仕事だが。

今、ある役割もしていて、
無報酬だが。

だから、そちらのほうが軌道に乗るまでは
そちらを、がんばるつもりでいるが。。

家のほうも、かたづけがまだ全部済んでおらず。

昨日、カタ付けを少し。

なかなか前に向いて進まないのだが。

お酒を飲むと、どうもイライラが始まるらしい。

はやり止めようかなと・・。

対策としては、今考えているのが
「酵素」を摂取すること。

それから、睡眠を整えること。

運動をすること。

あるいは、目標を決めてしまう。

自律神経の乱れもあるのかもしれない?
と自律神経を整えるCDも毎朝聴いている。

できるだけ、外に出ること。

季節を感じること。

大声を出すのもストレス発散になって
いいかもしれない。

いっそのことカンフーでもはじめるか?

前期の講座に、フィットネスが無料で
あったなあ。回覧板に。

回ってきていた。

また中途半端になるかなあ??

なんにもしないよりはいいと思うけど。

最近、多少マイナスに陥るから
石井裕之さんのダイナマイトモチベーションの
CDをまた聴いていくか?

ある自信をつける方法も最近知った。

それを実践するか。

セラピーも受けたいし。

まだまだやりたいこと、たくさんあるなあ。

こうして書きだしてみると。

また、長くなるので、このへんで。

またあ。
posted by さつき at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 依存症と私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。