2015年10月19日

『嫌な感情の愛し方』想像は創造を作る

現実のことだけを言っていても
いけないのだなあ。

ある本を読んで思った。

『嫌な感情の愛し方』宇佐美百合子 著
(150万部突破)

最近は、音楽をよく聴いている。

波の音や、昔聴いた懐かしい
アニメソングや、ディズニーのテーマ曲など。

ディズニーは夢を語る物語。

ディズニーの曲を聴いていると
夢の世界に浸れる。

希望が湧いてくる。

こういう希望を胸に抱くこと。

不安を希望に替えていかれるのは
「今」の自分だから。

ただ、ぼ〜と曲を聴くのではなく
未来の夢を想像しながら。

そして想像は創造へとつながる。

未来の夢を想像することで、
気持ちがわくわくしてくる。

そういう時間を持つこと。

大切なのだな、と思った。

実行していこう。
posted by さつき at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめな本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428124594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。