2015年10月27日

不誠実さを誠実さにつなげる

久々に、発達しょうがい支援センターの方に
電話して、話を聴いていただいた。

今「セラピードック」を考えていること。

とある場所へいくこと。

それらは関連してないでもないが。。

頭の中をまとめるには、誰かに話すのがいい。

今までの流れで、犬を一匹目飼い、
うまくいき、二匹目も直感で飼い、
うまくいき、それから、ある日
さわやかフェスタに参加したら
ドックセラピーを進められた。

自分も、過去、セラピストになりたいと
思っていたし。

今でも、心ひそかに思っていないでもない。

昨日は、昼間、6時間寝て、
夜は眠れなくて、朝方1時間ほど寝た。

とあることがあり、またLINEの
メールやタイムラインをお休みすることにした。

私の依存とも関係している。

LINEをしない間に、なにができるか
挑戦してみようと考えちゅう。

人は、不誠実な態度をとると
指摘されて、叩かれて、それで成長していくのだと
いうことを知った。

自分は、誠実な人間だと、ある意味
うぬぼれていたかもしれない。

そんなことはなかった。

まったく誠実な態度なんてとれないし、
嘘をつかない、ということも無理だと
知った。

でも、やろうとしないと知らされないことかな
と思う。

心は変わりどうしだし、一貫した態度も
とれないかもしれない。

不誠実ととられても仕方のない言動をしている。

今朝は、そのことで涙が流れた。

久ぶりに反省した。

大人になると、なかなか反省できにくくなる。

というより、自分の不誠実さが
人を苦しめていたことの事実に
涙が流れた。

ときに、心で、怒りを押し殺したり
本音を言わないことで、ゆくゆくは
人を苦しめることになることもある。

なら、今、「血を流したとしても」
本音でぶつかりあい、「もう二度と顔も見たくない!」
というくらい、やりあったとしても
そのあと、話し合って和解すればいいかな
思う。

本当の気持ちを聴かないと、
納得できないこともあるし、
知らないでいたら、すごく長く苦悩したであろう
こともある。

相手のためを思ってやっていることが
相手の、不信をかうこともある。

疑いはじめて、なぜなのだ?
と思いはじめて、でも本人が言ってくれないから
ずっと謎のまま付き合っているということもある。

どんなに親しい関係とて
すべてのことを言えるとは限らないが
私も、できるだけ本音でつきあっていきたい。

昨日の夜は、夜更けに、お風呂に入り
かなりたくさん歌を歌った。

一人で、語った。

それでも足りない。

私は、よっぽど話すのが好きなんだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428569382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。