2016年01月20日

できないことがあっても生きられる

最近は、いつも、火曜の深夜は英語
の番組を観ています。

なんとなあく、流れている英語を聴いているだけですが。

それが楽しい

高校の授業も、テストは得点は悪いものの
なんとなく英語は好きで、英語の教科書を
みんなの前で読むと「発音が良い」と先生に
褒められたことがあります。

それに気をよくしたか?できないなりに、英語は割と好きでした。

それと、数学。

数字が苦手なわりに、数学のルート計算式とか
一番好きでしたね〜。

英語は、ペーパーテストは苦手で、
どちらかというと、実践で使いたいと
昔から思っていました。

実際に、外国人と話してみたい。

そういう願望は常にあります。

かまえて「さあ!勉強するぞ!」ていうのは
肩に力が入るから嫌いなのだけど
自然に、流れるものを耳にしていると
なんだか入ってくることがあります。

その効果で、幼いころ観たテレビ番組や
CMは特によく記憶に残ってますねえ。

特に、あのCMの「繰り返し」放送するあれ!

今でも、口にすることよくあります。

私は、わけのわからない「宇宙語」のような
言葉を、羅列する癖があるのですが、
なんだかそうしていると心地がいいのですよねえ。
それと、頭に、ぱっぱ!言葉が浮かびます。

浮かんだままを、ぽん、ぽん、言っていきます。

そこにはなんの関連性もありません。

ただ、浮かぶから言う、みたいな〜。

自閉症児の症状にあるですかねえ、そういうの。

それが、自分でも面白いのです。

ほんとうに、面白い、言葉がたくさん出てくる。

だから面白い。

その感覚で、英語も、わからないから面白い
という部分があり、ニュアンスなら
意味不明でも英語話せますよお(笑)

英語らしく(笑)

感覚ですねえ。

私の学び方は。

ほぼ、感覚で覚えます。

特に、覚えようとして覚えたことはないです。

覚えようとすると、なぜだか覚えられない。

んですよ。

覚えるの、嫌いなんで。

入ってくるから、あら?覚えてたみたい。

そんな感じです。

で、覚えられないことは、どんなに
やっても覚えられません。

それは入ってこない言葉、文章です。

読んでいても、まったくわからないことがあります。

自分のジャンルじゃないんでしょうね、きっと。

でも、それらができないからといって
生きられないわけじゃないし、死ぬわけでもないし。

いいんじゃん。て
思ってますけど。

ということで、英語の話から記憶の話になりましたあ。

ではまたあ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。