2016年04月06日

興味の無いことは覚えられない

主人にも言ったことがあるが、
「なんで、興味の無いことを、みんな
覚えられるの?」と聞いたことがある。

私は、学校の勉強は、からっきしダメだったし
覚えられもしなかった。

せいぜい、自分の興味の沸く箇所、
いくつか、くらいなものだ。

算数ならルート計算式とか。

良い国(1192)作ろう鎌倉幕府、くらいわ覚えられるが(笑)。

なぜ「これをやりなさい」「これを覚えなさい」
と言われたところができるのか?がわからない。

私は基本、自分のしたいこと、覚えたいことしか
やらない。

できないし。

覚えようとして、苦痛で仕方ないから
途中で、いつも断念する。

学校の勉強は、いつもやろうとして机に向かうと
孤独に死にそうになるか、眠くなって、
机でうつぶせになったまま、朝まで寝て
風邪をひく、というのが毎回のパターンだった。

夏休みの宿題は、ほとんどやったためしがなく
一度は、友達の宿題を丸写しだ。

さすがに、罪悪感にさいなまれて、
それ一度きりだが。

適当に埋められるとこだけ埋めて、
あとは空欄で出していたように思う(笑)

絵日記は、夏休みの終わりに、まとめて書くし、
夏休みの自由研究も、母に案を出してもらい、
「朝顔の研究」、折り紙で朝顔を作り、
その日の朝に、いくつ咲いたか数え
咲いた数だけ、その折り紙で作った朝顔を
紙に張り付けた。

それをやりながら、それだけは、
お母さん、良いアイディア出すやん!
と母には感心だった。

その話を主人にしたら、「お前は昔から
他力本願だったんだな」て言われた。

ちょっと「他力本願」の本来の意味とは
違うのだが。。

まあ、その説明についてはまたにして・・。

ということで、今日も、夜中、一日中起きてますたあ。。

れれ?

ではまたあ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。