2016年04月08日

「病院の怪談」

自分が、とにかく動きだせないときは、
昔から、こうして、よくこのブログに
書いて、(間を詰めるイメージで)書いて、
とにかく、行動を起こす、きっかけにしてたなあ、
て、今思い出して、また書いてます。。

まったく動けないのではなくて、
ほかのことはしているのですが。

動けないことは、ある部分では
なかなか、動きだそうとしておらず・・。

犬のこと(マルタとup!のこと)も、
このまま、放置じゃいかんなあ、と思っていて。

たちまち、狂犬病の予防注射のシーズンで。

動物病院を変えて、行きやすくしたはずなのに、
もともと、病院系列が苦手で、小さいころから。。

動物の病院も嫌。

だいたいが、面倒くさい。

先生との一連のやりとりも、注射も治療も。

私が、それを受けるのでなないのに・・。

もっと、楽しめたらいいのかなあ?

動物病院を。

あ。昨年、その動物病院へ行った際、
隣に、いた、おばさんが、ずっとため息つきながら
愚痴ばっかり言っていて。

それも嫌で、潜在的に残っているのかも?

病院の待合室すら、トラウマ。

私は、自分の持病で、20年以上も
病院通い、月に一回病院へ行っているが、
今では、さほど待ち時間も長くはないが、
以前通っていた病院など、1時間、2時間の
待ち時間など、ざらで、ひどいと、半日
あるいは、朝いって、帰りが、夕暮れ時、
なんてこともあり。

あれは、もう、病院のにおいが染みつきそうで。

その夕暮れと、病院の暗闇が、なんともいえない
くれない色に染まる、病院の壁が、なんとも言えず、
もの悲しさを誘うのよねえ。

トラウマだわ・・。

そういう意味で、病院には、私は
「怨念」(笑)があるのよ。

わはははははははは!!!!!!!!

さらに、もっと言ったら、病院の花子さん?
なんだそれ??トイレの花子さん、ちゃう?

ああ、そうともいう。

て、感じの、その「病院の花子さん」の
怨念を感じるような「もの」も
病院内で見たし。

それは、実は、鏡に映った自分の姿じゃ〜!!!

炊飯ジャ〜〜〜!!!!!

とりゃあ〜〜〜!!!!!

と、またふざけてますが・・。

その、世にも恐ろしい映像を、いまだに
私の頭の中には、格納しておりますが(笑)

いっぺん、映画にしたろか!!??

と思うものですが(笑)

「病院の怪談」とか、いかにもベタな題名で(笑)

病院で、ふつうに、夜中なだけで
リアル感、めっちゃ出てるしね(笑)

「病院」「夜中」「トイレ」「手術室」「ホルマリン」
ぎゃあああああああ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!

あ、また、ふざけてもうた・・。

では、いつまでも〜おわらない〜ので、
このへんで、バシッと、終わらせます。

ほいでわ!!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436392444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。