2016年04月10日

なんなら、私と一戦どう?

私も主人も、けっこう年配者にもてるタイプで(笑)

主人は、おばさんキラーで(本人気付いてないけど)、
私は、おじさんキラー(笑)

幼いころから、テーブルの下にもぐって
テーブルの木目をながめていたという主人。

思春期には、バイクを盗み、尾崎豊していたと。

私も、けなげな、幼少期を過ごし、
そういった、いたいけない子供時代の業が
おじさま、おばさまたちの心を、どこかそそるのか?

で、二人とも一匹狼で、つるまない。

基本、一人で行動します。

そんな二人が寄り添って生きていますが。

ちょっと優しくすると、もそっと寄ってくるから
そういう場合は、腹部に軽く蹴りを入れる(笑)
というのは嘘ですが(笑)

下心がかもしだすそれを感じる場合は、
かなり距離感開けますねえ(笑)

そうして、私も女しながら、外では戦っているのよお。

あなたは知らないでしょうが。

外じゃもてるんだから(笑)

あなたは、家では「おばさん」「母さんや」と
言っているが。

最近では、ほんまもんの悪は近寄ってこないが(笑)
ちょい悪なら、私の中にもある心なんで
最近じゃあ、軽くこなすわ、とか言って。

昔は考えられなかったなあ。

が、しかし、私にも選ぶ権利はあるわよ。

自分のこと、かなり格下げしてたんで、
来るものはこばまずってやつで、
誰でも、受け入れていた。

だいたいが、判断がつかない。

かった。

が、あるとき、ああ、この人は、かなり
守ってあげないと、「自分が危険かどうかもわからん人ね」
と、自分のことがわかったので。

かなり、人とは、最初の段階で、距離を置くという
方法をとりだしました。

それでも、残る、ふるいにかかって、
それでも「さつきちゃんがいい」という人だけ
今残っています(笑)

たいてい、最初はメールしかしない人なんで
「あなたの繊細さがわかったわ
幾度とないメール文章で、わかっていただけます。

男女ともに。

もうこれは無意識にしてますねえ。

自分を守る方策です。

本心は、かなり臆病な人なんで。

そのうち、「笑顔で蹴り入れる」なんて
方策に出るかもしれないわ。

うふっ!

(笑)

臆病な割に、荒手のカンフー大好き人間なんで(笑)

格闘技大好きなんで(笑)

体の柔軟性もいいわよ〜。

なんなら、私と一戦交えてみる?

うふっ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436464937
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。