2016年04月14日

フットワークが軽くなる方法

う〜ん。思えてきたぞ

マルタもup!←犬のことも、なんとかしなきゃ
パソコンも、フリーズするのを、なんとかしなきゃ
て、思えてきたぞ

やはり、石井裕之さんの、ダイナマイトモチベーションは
モチベーション上がります

やる気出ます

今も聴いています。

これは、このCDは、一生そばにおいて
聴いていきたいですねえ。

そして、モチベーションが下がったときに
いつでも、持ち出して聴けば、たちまち
モチベーションがupします。

「現状維持メカニズム」が誰の中にもある、
という話を、このダイナマイトモチベーションプログラムの
CDの中で話されているのですね。

で、今までの状態を維持しよう、良きにつけ
悪きにつけ、いまでの状態を維持しようとする
メカニズムが人間にはあるらしいのですね。

潜在意識は「良い悪い」はわからないのです。

良いか悪いかはわからないけど、
いつもやっていることが正しい、
と思うのです。

そして、潜在意識には「主語述語もありません」

だから、●●さんが悪いということを、言ったとしても
主語述語が無いので、潜在意識には。

同時に、それは「自分が悪い」となるのです。

つまり、人のことをけなしているようで
それを聴いているのは、「全部自分」なのです。

だから人の悪口を言って相手を傷つけているようで
実は、おもいっきり「自分を傷つけているのです」

なんかモチベーション上がらないなあ、
やる気起きないなあ、と思ったら、
まず人の悪口を言う、愚痴を言う、
ということからやめてみてください。

それだけで、感覚が変わってくるのを
変化を感じてもらえたら、私の言っていることが
そうなんだとわかってもらえると思います。

かなり、フットワーク軽く、楽になりますよお。

それだけで。

ではまた。

幸せに生きていく方法

最近、また、取り掛かりが遅くなったり
先延ばし癖が出てきたので、また、
石井裕之さんの、『ダイナマイトモチベーション6か月month』
を、最初から聞き直している。

石井裕之さんもCDの中で言われていますが、
「覚えた」のではないのだ、「それが身に付いたかどうか」
「自分のものになったかどうか」が大事なのだ。
と。

おっしゃるとおりだ、と思います。

やらなくなったら、人はすぐ忘れてしまうし、
常時、その教えてもらったことを、「活用」
してこそ、自分のものとなり、そして
生涯使い続けることだと思いました。

それでこその学びではないかと思いました。

先日も、ある言葉を思い出しましたが、
「人間は使わない部分から退化していく」
というのはほんとうだと思います。

その努力に正比例する部分は大いにあり、
やったほどだし。

また、逆にやらなければ、その部分は、
使われないものと認知して、退化、または
抹消されるのだと思います。

進化の過程で、すでに「盲腸」
とか、「足の小指」といったものは
あまり活用されておらず、後々無くなるのでは
ないか?と言われている説も聞いたことがあります。

もうすでに、「盲腸」あたりは、無い子供が
生まれていたりして(笑)

そうして、「使わなければいらないもの」
と判断するのは、まさに正しいと思います。

かたづけをしていても、いらないものは
捨てますよね。

人間の機能のそれも、同じだと思います。

だから、極力、自分の体や、心や、といったことは
しじゅう点検して、活用されていないところはないか?

あるいは、心だったら「雑草の根は生えていないか?」
などの点検は大切だと、私は思っています。

持ち合わせている、個性は、いくら「悪」だとしても(笑)

それはそれで、また活用方法はあります。

根源が「悪」だとしても「活用方法」を変えれば
いいだけですから。

エネルギーがたとえば「単なる怒り」だったとしても、
その「負の怒り」を「自分の躍動源」に変えて
生産性エネルギーとしてしまえば、
なんら問題ないです。

ようは考え方しだいです。

もともとの「悪」も「善」もない。

「完全悪」も「完全善」も無いのですから。

自分の考え方によって、方向を、ベクトルを変えれば
いいだけです。

なんだって活用できます。

そのものを「悪用」することこそが良くないのです。

元が「悪」だとしても、それを「良い方向性」に
持っていくのも自分の考えによります。

元が「善」だとしても、良くない考えを起こすこと
だっていくらだってあります。

たとえば「良いこと」をしたのに相手からお礼がなかった。

すると「なんだあいつ!こんなにしてやったのに、
お礼の一言もない!もう二度とあいつには、何も
してやるか!!」となれば、これは、もともとの考えが
良いのにもかかわらず、「悪」を発生しているから
せっかく良いことをしても、何もなりません。

むしろ、悪い種まきをしています。

「自分も相手もお互い様。良いときもあれば
悪いときもある」

また「相手に見返りを求めないで、ただただ、
与え続けることができたなら、その人は
生涯にわたって、幸せでいられます」

「与える」という行為は「プラス」の作用だからです。

幸せも、喜びも、すべて、み〜んな、与えた人の
もとにかえってきます。

与えてもらったほうが得をする、と思わるでしょう。
たいていが。

が、与えた側のほうが、数段得をするのです。

それは、何倍もの、喜びとなって、禍福となって
自分のところに、また舞い戻ってくるからです。

それは循環となり、永遠に続けたなら、永遠に幸せに
生かされることになります。

そんな人を、周りも、ほおっておくはずがありません。

だから、ずっと幸せに生きていかれるのです。

にこっ!

2015年12月25日

「火事場のバカ力」断崖絶壁になると、働く人間の本能

今、教材『ダイナマイトモチベーション6か月month』を
2週目聴いているが(つまりは私の場合は6か月monthを、
一年6か月かけて完遂したが、更に2週目に今挑戦しはじめたところだ)
(さらに6か月かけて復習していく意気込み)(笑)

これで、またさらに自分が進化していくかなあと
考え中。

潜在意識に働きかける教材だ。

講師は、石井裕之講師。

催眠治療、カウンセラーとして有名だ。

それらをもとに、セミナーなどを展開している。

それも、実をいうと、8年前に私が倒れ、
その後再起をかけて、このCD教材を学びはじめた
のですが、そのときの私は「レロれロ状態」
記憶もできない状態で、よくこの教材に取り組もうと
思えたものだと、自分でもあきれるやら感心するやら・・。

が、しかし、石井裕之さんが、CDの中で何度も
潜在的な力について話されていますが、
その苦しい時期に、「ちょっとでもやろう
という気を起こして、教材に手をつけていたことが
後々芽を出すことに。

私の中で、きっとあの苦しい時にでも
学ぼうと決めた決意した思いが、
潜在的に残っていたのだと思います。

それが呼び起こされるのが、その後数年後、
主人に、仕事はするな、家にいろ、
そして、生活費以外、お前に援助は
一切しないと言い渡された直後
私の中に、過去取り組んだ石井裕之さんの
ダイナマイトモチベーションのCD教材の
ことが頭に、ぱっと浮かんだのです。

「お金もない、仕事もない、援助もない」
その中、夢をあきらめずに進むには
いったいどうしたら???
と考えていたら、「そうだあの数年前に
取り組んだ石井裕之さんのダイナマイトモチベーションを
今こそ学ぼう
そうひらめいたのでした。

とにかく主人にお願いして、
この過去に買ってあるこのCDを
学ぶことを許してください、と。

そして、私がこの教材を学んでいく中で
本当にカウンセラーとして進みだしたいと
思ったときは、そのときで、また自分で考えますので
それまで、とにかくこの教材を学ばせてくださいと
お願いしました。

それは、やりだすかどうかはわからない
けれど、今はとにかくこれを学びたいんだ
という思いを強く訴えました。

私に残された方法は、そのとき、それしかなかったのです。

だから、取り組みました。

人間、後がない、崖っぷちに立たされると
何をやるかわからない。

ものすごいパワーが、どこからともなく
どこにそんなパワーを隠していたんだ?
というくらい出てくるものです。

「火事場のバカ力」とでも言いましょうか。

ふだんは「レロレロしている」私なのに(笑)

別の課題を書くつもりが、流れで
過去の話を引き出して書くことになりました。

そして、現在に至る、です。

今ひらめいている課題は、次の機会に書きます。

では、また、興味ある方は、覗いてみてください。

よろしく!





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。