2015年11月18日

犬にも必要な介護

昼間、インターネットで調べていたら、
「犬の介護」というのに行き当たり、
犬も介護が必要になるのかあ、と考えた。

が、しかし、一番には、最後まで
歩ける状態でいることが一番良くて、
そうなるよう、努力することが
一番いいとあったし、私もそう思う。

散歩や、特に、坂道をゆっくり歩かせることで
筋肉を強化することができるから
これから極力、坂道を歩かせようかなと
思う。

また、ゆっくり歩くのは、興奮したり
という感情のコントロールになるので
認知症の予防にもなるという。

近所の犬は、すでに歩けにくくなっていると
聴いている。

気を付けたい。

それから、最近は、「カタルシス」

アダルトチルドレンが暴れだし、
以前とはまた違った「怒り」
が出てきだした。

で、ひとしきり暴れたあと、
「泣き」が入る。

何か、生活で、問題が起きたときに割となる。

自分がそれをできない「ジレンマ」だ。

薬でおさえるよりは、発散したほうが
いいのだろうから、流れに任せる。

たまに、「インナーチャイルド」の
メルマガを読む。

そのときは「なるほどな」と思う。

ただ、まだ理解不足だ。

二階の部屋は、まだ片付け途中。

片付けてしまうことが目下の目標。

また、片付け続行しよう。

2015年11月05日

セキュリティーのアルソックより逞しいボディーガード

体に害が無いなら、夜中2時に起きて活動する
という、このスタンスが実は好きで、
気に入っていて、「朝活」ではないですが、
朝方人間をとおに通りこして、「明け方人間」
と化しております(笑)

で、夜中に一緒に、起こされる犬のほうは
迷惑な話で、眠い目をこすりながらも
(あくまでたとえですが)、ママに付き合う
律儀さが、猫にはない、キュートなところで。

猫も最近は興味、少し出てきましたが、
この律儀さ、は、やはり好きなんですよね〜
あ、忠実さ、か。

中堅ハチ公の話は美談で、いまだに語りつがれて
ますよね〜。

フランダースの犬、なんか、「もろ泣き」でした。。

はい。

あ。あれは主人公の、ネロに同情して泣いたのか・・。

話それましたが、その律儀で忠実な様は
夜中の物音にも、すぐさま反応する
防犯装置、として働いておりまして、
それはそれで怖いこともありますが、
少しでも台所とかで「カタッ」とでも
音がしようものなら、二匹で、
どんなに眠りこけていても、ぶっ飛びで、
飛んでいくセキュリティーのアルソックよりも
たくましい、(男らしさ)を見せてくれます。

で、何も無いことを、その目で確認すると
(残念そうに肩を落とし(笑))、こちらに
とぼとぼと歩いてくる様が、またおかしくて(笑)

「ご苦労様!」と言いたくなります(笑)

何か本当にあったなら、実際に、
棒?(笑)を持って戦うのは
ママのほうですが(笑)

必然的にそうなります。

うちの犬は、警察犬としては訓練してないので。

噛みつき、飛びかかりとか。

次男坊のup!なんか特に
尻尾を巻いて、逃げ出すタイプで。

ママの奇異な行動にさえ
動揺して、へっぴり腰になります(笑)

二匹共、餌とかで手なづけられそうだし・・。

とまあ、夜中に、こんないらんことを
考えてないで、ほかのことをしたらいいのですが。

思いつくと、書きたくなる。

習性。。

ほいでは!

またあ。

2015年11月01日

犬社会のジレンマ

次男坊の愛犬up!は、最近、奇異な行動を
とるようになり、横断歩道で、いきなり止まったり、
道端で、止まり動かなくなったりと・・。

お兄ちゃん犬の、マルタが正統派なのに
対して、up!は、私と同類の
異端児派で、割と奇異な行動をとりがち。

飼い主の、依存度が、犬に影響するのか?

甘えたスイートハニーなのは
二匹共で、でも、最近、指導していただいている
ボーダーコリーの飼い主さんいわく
飼い主が、犬より上から目線でなければ
いけない、と。。

そのボーダーコリーの飼い主さんは
いつも、大きなボーダーコリーを連れて
朝6時代くらいに散歩されている方で、
up!の吠えるのを、きっかけに
お近づきになった60代くらいの男性の方です。

先日は、逃げるup!を、紐ごと
引き寄せ、なでなでしてくださり、
up!も、おとなしく、なでられていた。

一週間くらいかかるが、他の犬に
吠えなくなる、言われた。

が、毎日、その飼い主さんと会うわけじゃあ
ないからなあ。

up!は、ほとんどの犬に吠えて
いく。

その癖が直らず、指導していただいている。

だいたいが、まだ社会性も無く
世の中的にも犬社会的にも慣れていない。

犬として生まれてから、まだほんの
11か月の駆け出しのペーペーだ。

お兄ちゃんは、貫禄の6歳。

歳が離れすぎていることもあるのか?
また性格も、二匹まるで違い、
真逆で、お兄ちゃんは、一匹オオカミ的で
遊びたくない犬。

up!は、めっちゃ、人にもアピールする
かまってちゃん犬。

で、お兄ちゃんにも甘えたくて仕方ない。

いつも、お兄ちゃんを追い掛け回す。

それはいいが、お兄ちゃんの足を噛むから
お兄ちゃんは怒る。

だいたいは、up!をまったく無視の
お兄ちゃんも悪い。

すると、up!のことをかばうと
お兄ちゃんの、愕然とした目を凝視して
こちらを観るさまがすごい!!

「なんで〜!なんでよ〜!なんで
僕が指摘されなあかんの〜!」うるうる。。。

という感じ(笑)。

犬社会も、いろいろあるんやわなあ〜。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。