2015年10月21日

「聞かん坊」のup!に強い味方

今朝、散歩していたら、
一番最初に飼った犬と同じ
黒に白の混ざったボーダーコリー犬を
連れた60代前後の男性が前を歩いていまして。

主人がいたら喜ぶなあ、と思いながら
見ておりましたら。

角でそのボーダーコリーが
マーキングをしており、
こちらも、ゆるりと歩きながら
私の持っていたカバンで、
up!(愛犬の次男坊)に目隠しをしながら、
説明しながら通りすぎようとし、
やはり、up!がボーダーコリーに
吠えかかり。

やっぱしや〜。

とか思いながらも、
飼い主さんに「怒ってるんですよねえ」
「なんとかならないですかね?」
「怖がってるんですよお」
傾けるように聞くと、
up!に手を差し出してくださって、
up!は、逃げ腰になりながらも
また吠えて。

その後、飼い主さんは「大丈夫です」
と言って、去っていかれましたが。

その「大丈夫です」という言葉に
励まされたものでした。

やはり、犬のことは犬を飼っている先輩に、
赤ちゃんのことなら、赤ちゃんを育てている
お母さんに、聞くのが一番。

こういう心強い方たちに、育てていただきながら
成長していくのだよ、と、自分と我が息子?
up!に言い聞かせていました。

「経験者は語る」で、
たとえ語らなくとも、その風貌からは
何かを感じるもので。

「大丈夫」と思えるものを
その方から感じる、というのは
助かるし、強い味方が回りにいて
くださると実感できるものでした。

2015年10月15日

『かまってちゃん』伝染病

自分の中で受けている『かまってちゃん』シリーズ。
第何ダン?だろう?

実は、我が家の愛犬を見ていると
二匹ともが、そろいもそろって
『かまってちゃん』なのだ。

や。は。り。。。

ある、『愛犬が今よりもっと賢くなる育て方』
という、いかにもベタな題の雑誌を購入したのだが、
それに、「お腹を誰にでも見せる犬は、かまってちゃん」
とあり。

あ。

マルタだ。

と。

マルタは誰にでも、お腹を見せる。

次男坊のup!はどうだろう?

意外に警戒心の強いup!は、
私と主人意外の人には、
むやみやたらに近づかない。

人を舐めたりもしないが、
先日、ある、いつも散歩で会う犬仲間の人を
を舐めていて、ちょっと内心、
嫉妬してしまった(笑)

が、実は、up!も、かなり
「かまってちゃん」。

「どうにでもして〜」
「おまた、おっぴろげ状態(笑)」

で、いつまで撫でてても
「おっぴろげ〜」

本を読んでいると、
なになに?

こういう「かまってちゃん」は、
軽く撫でる程度にする?

うう。。で。。できない。。

なぜなら、飼い主が「かまってちゃん」

だからです〜〜。

がび〜ん。


2015年10月03日

飼い主の、疲れを察知する愛犬

今日は、主人が、あまり元気がないので
犬2匹は、おとなしくしている。犬犬

いつもは、弟分のほうのUP!が、
お兄ちゃんのマルタを追いかけまわすのに、
二匹で、同じサークルに入ったりして、
おとな〜しくしている(笑)

ところで、話は変わるが、
私は、最近、おしゃべりだ。

話だすと、ほとんどマシンガントーク(笑)

今日も、昼間、友人2名と電話で話した。

最近は、人付き合いも増えて、
会話する機会も増え、それでも
ぜんぜん言い足りないくらいに
話はあとから、あとから出てくる・・。

どんだけ、溜めてたんだろう?
思う(笑)

この、会話と、運動で、かなり
フットワークは軽いものになった。

楽だ。

お酢も疲れをとってくれるもので、
飲むと、すぐ楽になる。

体力の回復が、とても早くなった。

歳をとっても健康な人は
こんなに元気なんだなあ、と分かった。

すると、どこへいっても
元気そうな人と会うようになってくる。

スーパーへいっても、目の前の
機敏な動きの人。。

世の中には、こんなに元気な人たちが
いたんだ〜とのような驚き。

一生、元気でいる人もいるだろうなあ。

食べ物というよりも、精神が元気なら
元気かなあと。

昔、友人に、「感謝して食べれば
なんだって美味しいし、栄養になるはず」
と言われ、当時は腑に落ちなかったが、
最近は、なんだかそんな気がしてきた。

疲れても、いつもの定位置のところまで
体力が戻り、リセットされて
また元気に動ける、というのを
繰り返している。

ほんとうに、私にとっては
今まで未知の世界だった。

このかた、病気をしないでいたことの
ほうが少なかったから。

ただ、精神のほうの持病は
まだ抱えているが・・。

そんなわけで、おとなしい、
マルタとUP!を横目に、
お父ちゃんの、寝顔でも
眺めているか。

というのは、ジョーダンですが(笑)

ではまたあ手(パー)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。