2015年09月26日

結局のところの問題は、運動不足?

睡眠関係の本は数冊読んだですが、
結局のところ、現代人の「ペスト」と
言われているこの「睡眠障害」
または「不眠症」ですが、
いわゆる現代人の脳の発展により
脳主体で活動するこの行動形式に
問題があるのではないか?

というのは、みなさん薄々感じてきている
ことだと思います。

だから、スポーツする人もあるし、
また近所でもよく見かけますが、
50代、60代以降の人ほど
早朝から、ご夫婦などで
「ウォーキング」をしてらっしゃる方が
多くいますね。モバQ

眠れないからといって、
ベッドに入って「うん。うん」
うなっていても結局は眠れないし、
また加藤諦三さんの本にもありましたが、
「眠れない」ことに執着するから
眠れないのだと。

子供は、一人で楽しそうに遊んでいる
子供のところに皆寄ってくるが、
友達がいないならいないで
割り切って「一人で楽しく遊んだらいい」
というようなことを書いてありました。

私も、眠れないからといって
落ち込むこともないし、
「何をしよう?」と悩むこともない。

むしろ、起きていられるならラッキー
ふだんからやりたいことをどんどんやってしまうほう。

ただ、やりすぎて疲れてへたばる
ということがありますが(笑)

根が努力家なもので、
生真面目なもので、
几帳面なもので、
熱中型なもので、
やりだすと止まらないのですよね〜。

この「依存的に」止まらない傾向の
ほうを自分的にはなんとかしたい・・。

たまに気が付くのが3年、4年越しとかで(笑)
ここまで陥っていたか〜!!!
と愕然とすることありますから(笑)がく〜(落胆した顔)

陥るパターンが決まっている割に
そこにはまっていることに気が付くのが遅い。

これを先日、自分で名付けたですが
「陥り病」と名付けました(笑)

はい。新しい病名ですね。

とか、けっこう勝手なこと言っていますが(笑)

「レッテル貼り病」に「陥り病」に
単なる性格じゃん!て。

そうなんですよ。

人間て、いろいろな要素を持っているじゃないですかあ。

それらが極端に偏るとか「執拗である」とか
そういった性格の特殊さとか
あるいは、「性格の歪み」とかが
心の病になると思うので、
本当なら解読していけば説ける問題なんだと
思います。

というよりかは、カウンセリングでやるところの
「掘り下げ」ではなくて、今私もやろうと
またやっていっているのは「人間関係」の
中で改善していく、という「アドラー心理学」の
やり方で心の問題を改善していっています。

これは、主人に「カウンセリングは受けないでくれ」
と言われたことと、カウンセリングに遣うお金が
もったいないので、止めて、好きなことや
楽しいことに遣って、加えて、引きこもりだった
人生を打破し、人間関係、交友関係を深めていきながら
心の問題を改善したなら、一挙両得、という考えなのです。

また「アドラー心理学」は「勇気づけ」なので
ブログや、LINEのホームページでも
自らが勇気や元気になる言葉、
文章をアップしていっています。手(グー)わーい(嬉しい顔)

それには読書だし、実践だし、
実践しながら、改善していきたいなと
思っています。わーい(嬉しい顔)手(グー)

ではまた。手(パー)
posted by さつき at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠障害克服に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

アルコール依存の家庭にはアダルトチルドレンがいる。

昨夜は、トータルで9時間眠れた。

が、やはりいったん夜中に起きて
眠剤を飲む。

愛犬マルタとUP!犬も起こして
トイレタイム。

律儀に二人とも、トイレで用をたす。

まだ「睡眠障害」についての本は購入して
いないのだが、概要を読んだら、朝日を浴びあること晴れ
激しい運動をすること、などあった。

朝まず体を動かすことを始めたらいい、
ともあったので、今朝は、腕立て伏せ、腹筋、
柔軟、ボクササイズのポーズなど、知っている
運動を、やってみた。

それから、昨夜もお風呂に入ってなかったので
朝風呂。いい気分(温泉)

朝風呂は気持ちがいい。

それから、このパソコンに向かっている。

朝は携帯からはじめていたが、この習慣を
改善しなければと思っている。

依存傾向の強い私は
なんにでも依存してしまう。

依存というのは、依存しているからにして、
それが依存行為だとは気づかない。

まだ、今の状態が「依存だ」と気づくなら
第一段階をクリアしたことになる。ひらめき

気づかないがゆえに依存からは抜け出しにくい。

先日も、『依存症と私』のカテゴリーのコーナーで
アルコール依存症について書いたが、
アルコールは、人間を破壊してしまう。

人間をダメにしてしまう。

その依存性のゆえに。。

そして、アルコール依存の家族には
たいてい、アダルトチルドレンになる子供がいる。

このことについても、また書いていきたい。

『依存症と私』のコーナーで。

ではまた。手(パー)
posted by さつき at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠障害克服に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

『睡眠障害克服に向けて』カテゴリーを作りました。

新しいカテゴリを作りました。

題は『睡眠障害克服に向けて』です。

今までにも数回書いてきているので、
それらを、こちらのカテゴリに移動させようと
考えています。

本当は、ノートに日記として記していった
ほうがいいかもしれません。

また、ノートにも書いていきたいと思っています。

昨夜は、お風呂に入らず、夜0時から3時までの間
ベッドで眠りました。

ベッドで眠る、というのは、やや定着しつつあるかなと。

以前は、ソファで寝ていたので・・。

しかし、昨日、おとといは、8時間ほどトータルで
眠れたものの、途中起きて、眠剤に頼らざるを得ず、
ときどきの眠剤の利用はいなめないようだ。

今朝は、起きたのが、3時で、眠る気になれずに
今起きて、このパソコンを打っている。

少し読書をした。

今克服したいのは、この睡眠の問題だけではないので
また、別の方向からも問題を克服していきたいと
考えている。

それにはまず把握が必要だ。

自分を洞察することも。

ブログという媒体は、それができやすいので
助かっている。

だんだんと改善に向けてのイメージが
できあがってきつつあるので
それをまとめて、また記事にアップしたいと
考えている。

今朝も、救急車のサイレンの音で始まる朝。

昨日の夜中もだ。

毎日、救急車やパトカーの音の聞こえない
日は無い。

世の中がさばつになってきているが、
自分の体制は崩さず、毎日、気分良く
リズムをとって暮らすことをしたいと
考えている。

そうすることだって、できるまでには
本当に、長年の努力が必要だったのだから。

自分のことを自分が引き受けられないで
人のことはできないし、また自分を
幸せにしてやる責任も自分にあると思うので
そうしていきたいと思っています。

ではまた。手(パー)
posted by さつき at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠障害克服に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。