2015年11月17日

『敏感すぎて困っている自分の対処法』

今朝起きたら、両太ももあたりが
プルプルする、というか、なんか変?
あ〜、たぶん昨日、サイクリングしたからかな?
と。

で、昨日あたりの友人のブログに自分の
今課題としているテーマが書かれてあったかな?
と、これも、「そうかな?」とよく
自分で吟味してみることにする。

とりあえず、保存バージョンにして、と。

あとは、ソファーで寝ることに対しての
対策を朝ひらめいて、さっそく今日から実施する
ことにした。

それから、昨日のブログの記事に書いた
「自分のことをする」というテーマだが、
それについても、昨日本を読んでいたら
気付きで、『敏感すぎて困っている自分の対処法』
高田明和 監督 宛田純子 著
という本の中に「自分の境界線を
作るには、人の課題に介入しないこと」とあり、
あ〜と思った。

私は多く人に介入してきた感があるので
あ〜それで境界線ができなかったのかな?と
思った。

人間関係の悩みの多くは、人の課題に介入したり
自分の課題に介入されたりして、混乱することから生じる。

とある。

相手を望ましい方向へ導こうと口を挟むのではなく
一切の条件をつけず相手を信じ、相手を勇気づけることに
とどめることこそが、相手と良好な関係を維持できるのだ
と、あった。

「境界を作ることは見離すことでも冷たいことでも
ないのかもしれない。むしろ、信じて任せたほうが
相手も失敗しながら経験を積んで力を蓄えていける
でしょう

「それに介入もコントロールもしない人にこそ、
必要なときに素直に助けを求めていけるように感じます」

とあった。

「自分の束縛しているものから解放されることはとても大事なこと

「人を気遣うことも大切ですが、度が過ぎればそれが
見えない支配となって、自分の意思を持つことを奪う
結果になる」と。

日本では周りと仲よくやっていく和の精神が尊ばれるので
境界をつくることに抵抗があるかもしれないが、

適切な境界感覚が無いままだと、情緒的な不安定さや
問題行動につながっていくので、かえってマイナスらしい。

たとえば親の束縛で適切な境界をつくることができなかった
子供は思春期になると、拒食や過食になったり、
薬に走ったりするケースもあると言います。

子供からすれば自分の体なのに、親にコントロールされて
ばかりですから、そんな体なら、いっそのこと
破壊してしまおうと、ヤケになってしまうのだそうです。

これらの境界を作ることの大切さや、
また境界はどうやって作るのか?その作り方も
書かれてあるので、自分が敏感するぎる、と思われる
方は、読んでみられたらいいかな、思います。

ではまたあ。

posted by さつき at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめな本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

学びが今まで定着しなかった理由

二階の自室に少しこもり、本や雑誌を見ていたら
『タイプ別ストレスを力に変える27の方法』という
有益な雑誌を見つけた。

こんなん買ってたんだあ。

たいがい、いつもこう。

自分の買ったものも把握していない・・。

で、友人に指摘されるのが、
「今までに、さつきさんが学んだ本の内容を
すべて身についていたなら、今頃
病気を治すプロか、病気を持ちながら
より良く生きている人になっていたでしょう」
と言われる理由だ。

で、一つ分かったことがある。

図書館で借りてきた『一分間勉強法』石井貴士 著
を読んでいて気付いたことがある。

人は「身についていること」「一度学んだがまだ身についていないこと」
「まだ知らないこと」の3つがあるという。

このうちの、「まだ知らないこと」を学ぶには
膨大なエネルギーが必要だから大変になってくる。

が、「一度学んだがまだ身についていないこと」
この部分を確実な身につければ、かなり上達する
ことになる、という話。

ああ、そうか!

やっとわかった。

私の場合は、この「一度学んだがまだ身についてないこと」
が膨大にあるのだ。

なにせ、二階の自室には、大量の書籍、
大量の、自分の書いたものがあるが、
その大方を、確実には自分のものにしていない。

で、なぜ、自分はこんなに努力するのに
身につかないのだ?と悩んでいた。

友人にも指摘されるはずだ。

これは勉強をしてきた人なら普通にわかる
ことなのだろうか?

不思議だ・・。

今頃になって、やっと気づくなんて。

しかし、私は好奇心が旺盛なだけに
新しいことに、つい手を出してしまう。

しかし、この『一分間勉強法』を
身に着けるには、はなはだ半端ではない。

3か月は、この『一分間勉強法』を続けないとならない。

マスターするまでには。

途中でやめると、また一からやり直し。

まっさらになる。

だから、気持ちを立てることが肝心だ。

決意をしたなら、やりはじめることだ。

それには、目標を立てることがいいな。

と、これから、立てることになるかもしれない。

希望を持とう。
posted by さつき at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめな本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

『嫌な感情の愛し方』想像は創造を作る

現実のことだけを言っていても
いけないのだなあ。

ある本を読んで思った。

『嫌な感情の愛し方』宇佐美百合子 著
(150万部突破)

最近は、音楽をよく聴いている。

波の音や、昔聴いた懐かしい
アニメソングや、ディズニーのテーマ曲など。

ディズニーは夢を語る物語。

ディズニーの曲を聴いていると
夢の世界に浸れる。

希望が湧いてくる。

こういう希望を胸に抱くこと。

不安を希望に替えていかれるのは
「今」の自分だから。

ただ、ぼ〜と曲を聴くのではなく
未来の夢を想像しながら。

そして想像は創造へとつながる。

未来の夢を想像することで、
気持ちがわくわくしてくる。

そういう時間を持つこと。

大切なのだな、と思った。

実行していこう。
posted by さつき at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめな本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。