2015年10月04日

現実は味方なのだから、恐れずに現実に向き合おう

昨夜は、4時間睡眠。

が、疲れてないが。

主人は、ずっと寝てる。
少し心配だが。

人は形で決まるのではない。
むしろ、お金も、財産も、地位も無い人が
「どうにかなるさ」と思って気楽に
生きている人もいる。

お金持ちになったなら
不幸でも、それを割り切ることだ。

ようはお金持ちになりたくてなったのだから。

幸せになりたいなら、そういう生き方を
すればいい。

不安回避は「意識領域の拡大」と
「再教育」。

「再教育」は、たしかアドラーも
あげていたかと。

「意識領域の拡大」とは、「自分の持っている
目的間の種々の葛藤を感じ取り、
この葛藤がどのようにして発展したかを
知るとともに、どのような価値(目標)が
脅かされているかを理解することである」

なぜ、相手の言葉で自分は不愉快になったのか?
なぜ、なんでもない一言でこんなに傷ついたのか?

どうでもいいことなのに不愉快になった。

あれ?自分はナルシストではないか?
と疑ってみる。

ナルシストは相手の同意を必要とする。

相手がことごとく自分のいうことに
「そうですね」と言ってくれないと
傷ついてしまう。

不愉快になったときに、相手に
その感情をぶつけられなければ
やがて敵意を持つ。

それが重なればやがて相手を恨むようになる。

こうしてナルシストは、まともな人とは誰とも
親しくなれない。いつも自分を賞賛してくれる
人以外付き合えなくなる。

しかし、自分が不愉快になったときに
「もしかして今自分が不愉快になったのは
自分がナルシストだからではないか?」と
反省できればそれが成長の機会となる。


「現実は味方なのだから、
恐れずに現実に向き合おう。」

これは精神科医、ベラン・ウルフの言葉です。

上記は、書籍『「心の不安」が消える本』加藤諦三 著
より抜粋です。

私も、しばらくぶりに、この本を
読み返して気づきがありました。

活用して、行動に移したいと思います。
posted by さつき at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめな本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

心の中の依存性と敵意を意識に乗せる

※一部、本の内容の抜粋を含みます。

さきほど、ブログを11時ころに更新して
眠りに就いたが、12時には目が覚めてしまい
ベッドで読書をしていた。本

加藤諦三さんの『「心の不安」が消える本』だ。

この中で、興味深い下りがあった。

「心の弱い人は現実の危機が迫っているのに
戦わない。滅びていく流れに身を任せてしまう。
「もういいや」と諦めの感覚である」とあった。

人からなされるままに動いてしまう。
なされるままになることで、いよいよ心に
無力感が増大する」
とあった。

そして敵意ある攻撃性を持つ不安な人の
絶好の餌食になってしまう、という。

だから自分に戦う勇気がないと
理解したら、まず自分の心の中をしっかりと
見つめることである、と。

ライオンはライオン、ウサギはウサギと見る。

それが心の強い人である。

ということでした。
posted by さつき at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめな本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

50歳からの驚異の熟眠法

図書館で借りてきた本だが、
睡眠関係の本を読んでいる。

『50歳からの驚異の熟眠法』と
『たった一晩で疲れをリセットする睡眠術』だ。本

お風呂の入り方や、お風呂から出たあとの
体操の仕方などが書いてある。

あとは、日中の「エネルギー消化が
成されてない」ということだった。

なるほど〜。

エネルギーが溜まった状態で眠っている
から眠れないのだな、と思った。

ほどよく疲れれば熟睡できると言うものなあ。

昨日も、友人と運動の話をした。

私はサイクリングをしているので
友人が、やたらと「いいな」と言う。

ボクササイズの話もした。

やってるわりには、眠りにつけない。

というのも毎日ではなく
ボクササイズは週末、土曜だけ。

サイクリングも、最近では一週間に一回程度。

なんでも、すぐ飽きる?
熱しやすく冷めやすいタイプではあるが・・。

まあ、ほどよくは続いている。

やらなきゃな、という意識は無く、
むしろそんな風に思ったらつまらなくなるので、
やりたいと思ったときだけやっている。

収入のことについても、少し話たかなあ。

今は主人の生活費と、私の、少しのお小遣いを
切り崩して、生活していっているが、
お小遣いが無くなると、さみしくなるので、
その前に、私としては働きに出たいのだが・・。

見つけているイタリアンレストランに
アルバイトへいくか?
それとも、本格的にカウンセラーの
道へと進むか?

昨日会った友人には話していると
「カウンセラー向いてると思う」
と言われた。

なんでも、話していると、「分かる」
感じがするのだと言う。

以前にも、バスに一緒に、知り合いの方と
乗っていて、身の上相談になり
アドバイスしていたら、「なんか
カウンセラーになれると思いますよ」
と言われたことがある。

向いてるかなあ?

実は以前受けていた催眠治療でも
先生に、催眠治療を卒業するころ、
「カウンセラーにならないか」
とカウンセラーの勉強のほうを
すすめられたけど、今そんなお金無いし
無理です、と言って断ったことがあった。

幼いころから、「一番に大事なのは心だ」
と思ってきたし、心については感心がある。

勉強も苦じゃないが、資金や、主人の
許し、など考えたら、まだ一歩が踏めない。

踏み出さなければ始まらないが・・。

この今の、まったりとした生活に
浸ることをしていて、何かを変えなければとは
常々思ってはいるのだが・・。

少しずつは、状況は変わっていってはいるが。

今日は、昨日購入した、UP!のペンギンの着ぐるみ(笑)
が、小さすぎて、足がつっていたので(笑)
サイズを一回り大きいのに交換してもらって
こようと考え中。

なにげに、無印良品の友人にも
渡したいものがあるし。

ではまたあ。手(パー)
posted by さつき at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめな本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。