2016年04月11日

地頭の良さは、勉強のできる秀才とは違う

昨日、痛い夢を見て、、、。

夢って、それ見てる間は、ほんとうだと
思うよね。

「うわ〜どうしよう」とか、観ながら
思ってるもんね(笑)

で、「夢だったかあ」とわかったとき
その夢が、悲さんであればあるほど
ホッ度合が高く。

夢って、日常の世界で、発散できなかった
思いとかを、夢で、解消しているって聞いたことが
あるけど。

それは思うかなあ。

過去、同じ病気の人や、鬱の人から
よく夢の話をされて、で、「●●な夢見たんだけど〜」
て。

で、それを私に言って、いったいどうして欲しいわけ?
て思うんだけど。

やたらと毎回言ってくる。

て、パターン。

私も、一応はするわ。

夢分析とか。

降られたら、ほおっておけないタイプなんで。

自分の知識のあらん限りをもって分析して
しんぜようとするけど。

数限りなく、とめどなく、その話はえんえん
続くので、しまいに、アホらしくなって、
やめた。

で、なんで、その話を、私に持ってくるわけ?
みたいな〜精神分析医とて、解明できんわよ!
みたいな話を持ってきよるで。

まあ、考えようによっては、ある意味
私なら解決してくれる、なんとかしてくれるんじゃないか?
という淡い期待を持ってのことなら、うん、まあ
ほまれたかいことではあるが・・。

が、解決の段階にきて、で「●●したらええよ」
て、その部分は、聞いてへんのね。

自分が、いざ、行動に出なあかん部分に
くると、たいがいがスルーしよる。

私の知り合いの、統合失調症系、鬱系の人で
私が「●●したらええ」といって、やったことの
ある人は、まずおらん。

どんだけ言ってもあかん。

で、あきらめた。

言うの。

アホらしなって。

まあ、回復した人なら理解度高い、から
やってくれる。

が、途中段階の人、というか、自分が、
どの位置にいるかもわからんような人は
まずむつかしいなあ。

まず、自分を把握するとこからはじめな。

まず自分がわかってないもの。

自分がわかってないから、「あなたは今こういう段階よ」
と、真実をのべても、「うんにゃ、そんなことあるかい
と、まず否定しよる。

ひどいのになったら、ケンカ売ってきよる。

さも、それ言うあなたが、悪いというように攻撃してきよる。

まあ、私もやった口だが(笑)

ものごとには最終段階があることを知っておいてね。

わたしのことが「用無し」だというなら
はなっから手伝わないけど、
ほかにも友人はいるだろうし、
その友人がいいなら、どうぞそちらに
乗り移って(どろどろ〜)、いや、乗り換えて、
あ、たいして変わらないか(笑)

もらってかまわないのだけど。

やれ、あなたの方法はできない、とか
やれ、文句しか言わないとか、
なのに、自分の方法で、改善されてないことには
一つも気付かず、ほかの方法を試してみようともしない。

これでは、あかんし。

たとえ話も、実例も、「ふうん。そんな人いるんだあ」
て具合に聞いてたのでは、まったく拉致あかない。

自分のこととして聴かなければ。

もう最後の手を打ち、これであかんかったら
あきらめようと、こちらは最後の話を持っていく。

その話が最後だとは梅雨とも思わず。

まだ、この先があるとでも思っているのか?

今まで、さんざん話してきたというのに。

あれは何だったんだ?

一つも聴いてなかったのか?

とこちらは思う。

私もやった口だが(笑)

が、人間引き際が肝心よ、と最近は思う。

もうこれ以上はできんわ。

あれ、と、あれと、あのケースと
考えたら打つ手ないわ

と、こちらは判断する。

しかたないが、あきらめるしかない。

そうして、あきらめてきた友人のケースは
いくつもある。

だから、きついが、最初の段階で、痛い先手は
打っておく。

この先制攻撃が効かないようでは
この先も、たいして効かないと思う。

若いころと違って、いろいろ試している時間が無いのだ。

だから、最近は、早い段階で、ふるいにかける。

申し訳ないが、そうさせていただいている。

このくらいのことで、壊れる関係なら
あとからも簡単に壊れるわい。

そう思っているから。

自分の責任は、自分で負ってほしい。

私も、ずいぶんと、それに関しては言われてきた。

いつまでも、赤ちゃんのそれのように
お母さんが、手取り足取り教えてくれると思ったら
大間違いだ。

そんなのんきな人がどこにおる?

自分の生活のことで、みんな手一杯だというのに。

どこかのテレビの情報番組や、ラジオや、インターネットと同じに
私を遣うなら、よそいってやってくれ。

聞いたら教えてくれると思うなかれ。

まず、自分の頭で考える。

そうして地頭はできてくる。

地頭がいい、というのは、勉強ができる秀才とは
違います。

一つは考え抜く力。

それから、物事の本質を見抜ける力。

これは自分の頭で考えて、考え抜かなければ
身につきません。

地頭を鍛えるには、具体的にどうしたらいいか?
は、インターネットでも、調べてね(笑)

では、また





アリとキリギリスのその後の話(変え話)

本田健さん的に言っても、心屋仁之助さん的に
言っても、今やりたいことをやらなければ損というか、
けっきょく、Aをやりたかったけど、Bをやったら、
最終的にCをやったあげく、AもBもやるはめになり
全部やった。

という話があるが。

けっきょく全部やることになっていて。

その順番がどれでも、最終的には全部やるのだ。

のような話がある。

私的にもそれだ。

それな!て、うなずける。

私の夢は、幼いころから、画家、作家になるのが
夢だった。

が、兼業農家の子供に生まれ、畑仕事も
手伝わされたり、苦手な事務系の仕事やったり、
営業も、販売もやった。

映画館の仕事も、肉体労働も、流れ作業も、
受付嬢も、一連の仕事は、だいたいやった。

プロジェクトも。

が、それを通過して、保育の仕事がめぐってきた。

この保育の仕事で、私は統合できた。

仕事にたいしては。

この流れできたかあ、と思った。

保育の仕事で、今までやってきた仕事が
全部生かされた。

で、身に着けたことは、すべて、今やっている
あることに生かされているし。

すべて無駄ではなかったなと思える。

昔は「積み重ね」と言われてもイメージできず、
ぶつ切りのそれだったが。

てんで、バラバラで、つながりも何もあった
ものじゃなかったが。

これがいったい、どこでどういう風につながるのか?
なんなのか?自分でも、わからず、無意識に
やってきたが。

思うがままにやってきた。

どんなに、どん底に堕ちても、
そこには、私を拾う人が必ずいた。

そこに甘んじているわけではない。

家族の言葉は大事だな、とあるとき思い
なかなか家族の言葉だけに聴けないという
話を聴くが、たいていが主人が
「気をつけろよ」と言ったときは
肝に銘じて気を付けるようにしている。

今まで私を助けてきてくれた主人の言葉だからだ。

「おまえは、俺がいなくなったら、どうするんだ」

と、泣きそうになりながら言う主人を
傍目に、いつも笑っている私。

自分の性格は、知っているから。

「今泣いたカラスが笑った」

とか。

「泣いたら泣いた分だけ強くなれ」

とか。

「一生笑ってろ!そしたらなんとかなる」

みたいな、名言を残す女。

外国人の、青年と電車の中で知り合って
お世話やいていたら、二人とも迷子になりそうになり、
周りの人に助けてもらい。

その話を聞いた主人が、「聞いてたら
お前が心配やわ」と言われ。

それでも、海外でも、道がわからずとも
アパートに帰ってくる人で。

英語がしゃべれなくても、肉屋で、きちんと
グラム量り売りで、肉買って
料理して、主人を迎える。

ちゃんと、海外から、エアメールまで出してる。

どうやったかも、もう覚えてないけど、
世界中どこでも共通するのは「スマイル」だな
って、そのときも思った。

笑ってたら、たいてい助けてくれる。

主人は「困ったら泣け!」と言うが(笑)

困ったら泣いたら、女の子は、周りが、
みんな助けてくれるものだと信じている主人。

主人は、紳士なのだ。

私より、ず〜と、ず〜と心優しく、
人のことを悪く言わない。

私が、ちょっと誰かのことを指摘しても
すぐその人をカバーする。

フォローする。

「いや。●●●●●だったんじゃないかなあ?」というふうに。

あ。話しは、キリギリスのその後だった・・。

キリギリスは、夏の暑い盛りに、遊びほうけていたら、
寒い冬がきて、食べ物も何もなくて、凍えて、
アリさんの、お家に、いっても、アリさんは、
「あなたは、私たちが暑い夏の盛りに、一生懸命
働いていても、遊びほうけて、冬のために蓄えて
おかなかったから、今そんなになってるんですよ」
と言って、閉めだしたとか?

アリも、アリだなあ。

けっこう冷たいなあ。

とか、思う。

で、私は、この話を勝手に変えてしまう。

こうだ。

働くことしか知らないアリさんは、くそ真面目で
頭堅物で、せっかくため込んだ家の中で、
何もすることが思い浮かばず、たいくつで
死にそうだった。

そこに、ゆかいなキリギリスさんがやってきて
ちょうどよかった。

中にお入りなさい、と言って招き入れた。

そうして、ゆかいなキリギリスさんは、
素晴らしくユーモラスな人だったので
みんなを楽しませて、みんな楽しくて
幸せに暮らしたとさ。

おわり。

はは!

2016年04月10日

アリとキリギリス

非常識にも、酔っています(笑)

アリとキリギリスだとしたら、私は
キリギリスね(笑)

痛い目見るかしら?あとから・・。(笑)

お金無くても、友人にプレゼント買っちゃうし(笑)

主人的には痛いわよね(笑)

こんな奥さん(笑)

が、今日も、一緒に畑をしながら、
何事にも一生懸命な主人は、遊びができない
真面目人間で・・かわいそう・・。

仕方ないから、私がお金遣ってあげる(笑)

で、主人も、「俺、働く人、あなた遣う人」
て、わかってるじゃない。

本田健さんの、CDでも言ってたけど、
お金稼ぐ旦那さんがいたら、ちゃんと、遣ってくれる
奥さんがいる、て話。

あれ本当ね。

私も一応は、いかんと思い、お金の遣い方とか
いう本を買ってきては読むのよお。

そりゃあ、勉強するのよお。

が、いかんせん、実践となるとむつかしいわ!

そりゃ、業ですわ!

今までも、これでもか!

て、しばかれて、なんぼ!

懲りずに、いまだ、アホやってます。

まあ、世の中、なんかうまくいってるのか?

こんなアホを拾う人もいて・・。

畑での主人との、やりとり。

「ガツンて言ったらそれ、石やから拾ってな」

「言っとくけど、俺が拾っても、庭に石投げんといてな」

「・・・・・」

なんか。これほんとうで。

主人が、一生懸命拾ってるのに、そこに石投げる人。

わたし。

で、笑ってる。

この構造なのです。

はい。

おもわず、笑ってしまいましたが。

我が家は、こういう構造で成り立っているので。

が、これでけっこううまくいっているのです。

今は・・・。

ま、一応は、危機感持ってますが。

またあ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。